2008年08月27日

息も止まる愛 「ブレス」

暑い熱いオリンピックも無事閉幕しましたし、
朝晩の風はもう秋の風のよう。
そして、本当にありがたいことに、「この作品のレビューが読みたい!」という
リクエストを頂戴しましたので、(哲さん、本当に恐縮です。ありがとうございます)
久々に映画をレビューしようと思います。
作品は韓国で嫌われている(!)韓国人監督キム・ギドクの「ブレス」

ブレス.jpg

この監督のレビューは以前にも書いています→
・その美しさに貴方は浸れる?キム・ギドクワールド!「弓」

・小泉チルドレンならぬ北野武チルドレンは、韓国にいた。「悪い男」


この監督の描く世界、というか愛の形は、いつも究極です。
甘く優しい愛や恋ではない、せっぱ詰まったギリギリの愛。オールウェイズ恋愛背水の陣。
だから絶対に好き嫌いが分かれると思います。
例えば
・一目惚れした女を娼婦に貶めてそれをただ見つめる男 (「悪い男」)
・惚れた人妻と会う為に自分の姿を消す術を身につけた男 (「うつせみ」)
・恋人に飽きられることを恐れてお互いに整形する男と女 (「絶対の愛」)

・・・右斜め上読んでみていかがです? 正直、「キモイっ!」「苦手!」とお思いになると思います。

それもそのはず、監督&その作品、本国ではあまり(というかほとんど)評価されておらず、
本人も一時「もう映画撮るの辞める!」とまで言っていました。(現在は撤回されホッ)
しかし実はベルリン・ヴェネツィア両映画祭の監督賞を獲得し、
「世界三大映画祭制覇に最も近い男」とも言われています。
つまり祖国は認めなくても、世界は彼を認めてるわけです。(日本にもいますね?そんな監督)

で、私は好きなんです、キム・ギドク。
どのくらい好きかって、彼の前作「絶対の愛」の劇場上映を知らず見逃して、
思わず「うわぁあああ\(◎o◎)/!」って悔しがったほど。
 (後日、WOWOWで放送してくれて、本当にありがたかったわ〜〜〜)
何がすごいって、あの「追い詰められた感」を知ってしまったら、もう普通の恋愛描写には戻れませんって〜(笑)。
そして彼の描く「台詞極少」な「暴力と愛」に、
少なからず「あのひと」(=北野武)の遺伝子の気配を感じ取るキタニストは多いはず。
是非一度、対談とかして欲しいんだけどな〜。 どこかの映画祭とかでいずれ会いそうだし。

さて、上記のような「究極の愛」ばかりを取り上げて来た監督、
今回のテーマは「死刑囚との愛」です。
それだけ聞くと、2006年の韓国映画「私たちの幸せな時間」のような、
せつなくはかない恋愛を想像される方が多いのではないかと思うのですが、

・・・いやはや。さすがはキム・ギドク。

実はモチーフとしては監視する男=「悪い男」や刑務所=「うつせみ」、
そして四季描写については「春夏秋冬そして春」という、
いずれも自作の換骨奪胎な気もなきにしもあらずと思って見ていたのですが、
いやいや、途中からは「どうしたらそんな設定思いつくんだ?!」な、またしても究極の愛が展開しました。

この映画、珍しく韓国人以外の俳優さんが出演しています。
「ブエノスアイレス」、「グリーン・ディスティニー」、
そして「2046」にも出ていたチャン・チェンなのですが、
台詞ほぼゼロの役にもかかわらず、目で素晴らしい感情表現をしており、
(しかも渡辺謙さん系統の男前!)
ヒロインならずとも惚れそうでした。

チャンチェン.jpg

見ていて、「ところでどうしてタイトルが『ブレス』なんだ??)」と思っていたのですが、
ラストのシークエンスで納得。そして見ているこちらは「息をのむ」展開。
まさしく「ブレス」の名にふさわしい作品でした。
5/3公開の為、大都市圏では既に上映が終了していますが、
 (うちの方には今頃来たのよ(>_<)) 
DVD化された折には是非一度あなたも「究極とはなんぞや?」を体験していただけたらと思います。

「ブレス」はまだ出ていないので、建物フェチの私が好きな「うつせみ」左斜め下
うつせみ
うつせみ
posted by こたえ at 00:44| Comment(4) | TrackBack(8) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もまたキム・ギドクの夏であった。(笑)

現在、同じ劇場で上映中の
「シークレット・サンシャイン」と比較すると
新しい観点が得られそうです。
こちらもどうぞ。
Posted by 哲 at 2008年08月28日 13:13
☆哲さま☆
今回もよかったですね〜、次回作withオダジョー、今からほんと楽しみです!
「シークレット・サンシャイン」、「ブレス」の上映前に
予告がかかっていましたね!なかなかよさそうでした。
せっかくお勧め頂いたのですが、来月まとまった出費の予定があり、
今月はもう映画無理そうです(T∇T) ザンネン…。
Posted by こたえ at 2008年08月28日 15:56
こんにちは!

9月はいろいろと予定がありそうですが、
浜んまち映画祭を是非!

詳しくは下記をご参照ください。

http://www.uchidaweb.com/kinema2008/
Posted by 哲 at 2008年09月09日 17:08
☆哲さま☆
ええ、ヴェネツィアにちょっと…(殴)
「浜んまち映画祭」、先日「ブレス」の
鑑賞の際にパンフ頂いてきました!
前夜祭はいかがでしたか?!
もし立ち寄れそうだったら、
「あの胸にもういちど」が見てみたいです!
Posted by こたえ at 2008年09月09日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブレス
Excerpt: 四季が重要なポイントというのは、キム・ギドク監督なので、「春夏秋冬そして春」を当然に思い出す。囚人の面会室の場があり、「私たちの幸せな時間」、「ユア・マイ・サンシャイン」といった韓国映画にもあったとか..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2008-08-27 01:53

「ブレス 息」キム・ギドク 感想 チャン・チェン迫真の演技 
Excerpt: 主演の2人、死刑囚を演じるチャン・チェンと、パク・チアの2人の演技で見せる映画でした。 この役に、チャンチェンはぴったり!、こういう...
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2008-08-27 08:09

キム・ギドク監督の「ブレス」を観た!
Excerpt: キム・ギドク監督の最新作「ブレス」を、「シネマート六本木」で観てきました。僕が観たキム・ギドク監督の作品は「うつせみ」「弓」「絶対の愛」に続いて4作目となります。ということは、新しいものから4作品、今..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2008-08-27 20:40

ブレス BREATH
Excerpt: あの「サマリア」のキム・ギドク監督x張震ときたら、観ないわけにはいきません。夫の浮気を発見したヨン(チア)。テレビニュースでは死刑囚のチャン・ジン(張震)がまた自殺を図ったと報じていた。発作的に家を出..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2008-08-27 20:59

ブレス■84分の濃密な世界
Excerpt: 上映時間は84分。最近の映画の中では短い方であるが、非常に濃密な84分間。チャン・チェン演じる主人公はセリフをひとことも発しない。一方、彼を訪ねてくるヨンという女性は、家の中ではセリフを一言も発しない..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2008-08-28 13:09

「ブレス」と「シークレット・サンシャイン」
Excerpt: 「ブレス」と「シークレット・サンシャイン」の共通点は刑務所での面会シーンがあることだ。面会する心の奥にあるものとしては、どちらもある種の「傲慢さ」があるのではないかと思うのだが、どうなのだろうか?「ブ..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2008-08-28 13:10

『ブレス』(試写会)
Excerpt: 楽天ブログ&ウォーカー友の駄々猫(岩飛)さんが私がキム・ギドク監督のファンだということと彼の作品を初めに薦めたこともあり試写会の同伴におよばれされちゃいました〜♪しかも試写開始時間帯が19:30と比較..
Weblog: たーくん'sシネマカフェ
Tracked: 2008-08-30 00:54

ブレス 今回のキム・キドクのラブワールドは天国と地獄・・・・・。
Excerpt: 二人のブレスが交わったら・・・・・?! &nbsp; 8月23日上映開始になった大好きなキム・キドクの最新作「ブレス」を鑑賞。「闇の子供たち」で、京都シネマは大入り満員。この作品は、そんなに多くな..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-08-30 10:29