2009年02月17日

「ヘブンズ・ドア」&「007/慰めの報酬」

やっと前回昨年のベスト・ワーストを書いたので、今回は映画の感想を揺れるハート
ほんとは「おくりびと」と「K-20」の感想まで書きたかったのですが、
それやってるとまたアップ遅くなるので(^_^;)
今日は現在公開中の2作の感想をUpします。 見た方、おられますか?

ハートヘブンズ・ドア
実は見た日はすごく体調が悪くて、映画見終わったあとに
映画館のトイレで戻しちゃったくらい体調悪かったんです。(風邪の影響みたい)
なので、そういう体調もあってか、イマイチこの映画、乗り切れなかった。。。
特に前半〜中盤はつらかったです。
主人公に同情はするけど、共感できなかったことと、
関東甲信越に住んでいる(であろう)主人公達が、何故あんなに「海を見る」のに
遠回りをしなきゃいけないのか、その必然性が理解できなかったから。 
(春海が海を見たことない理由は分かるし、「どうせ見るならきれいな海を」という
勝人の気持ちもわかるけど、それにしたって車を持っているのにあんなに海までかからないし、
泊まってる時間があったら、例え勝人が具合悪くても、
夜体調が回復してから車(セダン)走れば絶対1日で行けるはずだ)

元になっているドイツ映画では、ドイツという地理だからこそ、「海を見る」という行為にリアリティがあるし、
コメディタッチだったからこそ「天国では、海の話しが流行っているんだぜ」という
主人公のちょっとキザっぽい台詞が生きると思うんだよね。
日本でこれをやるなら、海という設定を変えるか、あるいは山梨とか岐阜とか、海に面してない県の子が、
車無しで(徒歩とか自転車とかで)行くくらいにしないと、リアリティがうすいと思う。
・・・とあれこれ文句を言っていますが、福田真由子ちゃんは天才じゃないかと思うくらい、
ラスト20分よかったです。(果樹園〜おかあさん〜海のあたり)
ラストシーンの台詞のない長回しは、
「映画は何枚かの絵だけで成り立つものほどいい」(北野武監督)とするなら、
本当に一枚のよくできた絵のようで、それだけでじーんとしました。
あれがマイケル・アリアスの真骨頂だと思うので、
できればラスト20分のテンションを、映画全体に持たせて欲しかったなあ。
でもなんだかんだ言って&トイレで吐きながらも、
結局「やっぱり長瀬君かっこよかった〜」とかいって、、パンフしっかり買ってる私あせあせ(飛び散る汗)
蛇足:カメオゲストが豪華〜。Puffyの由美ちゃん店員似合いすぎwww
某有名ゲストが出ていることを知らなかったと思われる女子高生たちが、
その彼が映った途端「キャーーーーわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)」と大騒ぎしていましたぴかぴか(新しい)


スペード007/慰めの報酬
昨年のベストに入れた「君のためなら千回でも」を撮った
マーク・フォースターの次作がこれ。どんだけ幅広いんですか監督!
原題はQuantum of solace。この、世にも訳しにくいフレーズを、
いったいどう訳すんだろう?!とどきどきしていたところ、 おお、「慰めの報酬」!!
Solace=慰めはともかくQuantumってそんな意味あるの?!
とQuantumを改めて辞書を引いたら、「分け前」って意味があるんですね。
私は「量子」「(定)量」しか知らなかった〜、勉強になります!翻訳者様!と
字幕担当を見たら戸田ナッチでした・・・・・・これは字幕に頼らず英語を耳で拾って聞くしかない(爆)。
でも、映画見終わると分かるんですが、Quantumってそれだけじゃないのね!
それはネタバレになるから書けないんですけど、映画見終わると「原題、やるな〜」って思いますよ。 
じゃあ邦訳どうだって話しなんですが(^_^;)
そんな私ですが、映画館の窓口で「ゼロゼロセブン1枚」と言ったら、
「あ、ダブルオーセブンですね」と言い直されてしまいました(T∇T)
きゃー(*/∇\*) す、すいません英語勉強不足で、、、ふらふら
一応Coca-ColaのCM見ると最後に"zero-zero-7"って出てくるんでどっち使ってもいいと思うんだけど、、、駄目なのかしら(>_<)

さて内容ですが、
前作「カジノ・ロワイヤル」のラストから続いてる続編、ということで、
前作かなり気に入っていたし、今回女性の衣装は全部PRADAだそうだし、
ポスターでボンドとカミーユ(ボンドガール)が違う方向を向いているのは、
右斜め下参照)
quantumofsolace4_s.jpg

ボンドに従属することなく、自分の意思で目的を果たそうとするカミーユが
ボンドと同等の扱いで描かれ、ボンドに依存しない新しいボンドガールの
姿が描かれているから。とか読んだもんだから、
前作もよかったし、これで新しいダニエル・クレイグ・ボンドと
ボンド映画の確立となるのでは!
と、結構気合いを入れて見に行ったのだけど。
うーん、私もお友達のmikaりんさんと同じく、乗り切れず(>_<) 
乗り切れないどころか、むしろちょっと肩すかしな印象。
「運命の女(ファム・ファタール)」ヴェスパーが死に、
その復讐に立ち上がるボンド、硬派なのは素敵だけど、
CM等でやっている、ボンドの体張ったむちゃくちゃすごいアクションは前半でほぼ出てしまって、
後半はどちらかというと「爆破の中を逃げる」パターンで、
ボンドの生身の魅力より建物爆破に予算費やしちゃってて、
ハリウッド大作にありがちな “「どかーん!」「ばこーん!」さえやっときゃ
金稼げるよねうひひひひ
 的おじさんたちの顔がちらちらしちゃう展開になってから台無し。
エコ活動やってる悪者(しかも怪人ぽくないフツーな外見)って設定はいいと思うけど、
ほんとにもうCIAとロシア系とオイルマネー系の設定には食傷気味。CIA悪者にも食傷気味。
せっかく「金髪・青い目のボンドも素敵!」と思えるダニエル・クレイグが頑張っているのに、勿体ないよ〜〜。
ボンドといえばおなじみ!のエッチシーンも足りなくないかー?? (爆)
あ、これは硬派なボンドの設定だから仕方ないのか、、、
それにしても出だしのシークエンスのダニエルのアクションはすごいです。手持ちカメラで撮っているから
見てて疲れるわ〜と思ったけど、実はアクションが凄まじくて見ていて疲れたのかもしれない。
スタントをほぼ使わず9割はアクション自分でこなしたら、ガラスで何針も縫う大けがをした上、
指の先が欠けちゃった(!!)そうですが、そりゃ指も欠けるわあのアクション。
 前作の「カジノ・ロワイヤル」の時もびっくりしましたが、ダニエルすごい体動く〜。
次作、脚本とアクションの配分がびしっ!といったら、
今度こそ新しいボンド映画路線確立&とんでもない娯楽大作になるような気がします。
頑張れ、脚本と監督! 
あと、あの砂漠のホテルに泊まりたい・・・(やっぱり建物フェチ・笑)。

蛇足ですが、007といえば恒例の主題歌。
実は邦楽<<<洋楽リスナー(笑)なこたえ、007の主題歌にはいつも注目しています。
昨年、いち早くベストヒットUSAで見てびっくり!
私の好きな(*1)The white stripesのJack Whiteがぁああああっ!!Alicia KeysとDuetぉおお?!
うえええJackも歌ってるよぉおおお〜〜カラオケ・・・というわけで、
タイトルバックに流れる長めの主題歌シーンでむちゃくちゃ興奮しておりました。
てか私、タイトルバックで一つ映画見終わったくらいのテンションでした(笑)。
タイトルは"Another Way to Die"、なんならそのままサブタイトルに
してもいいくらいのタイトルだ〜!
ようつべ貼っておきます↓
http://www.youtube.com/watch?v=hM5UJvnbbuY

*1 どのくらい好きかというと、The white stripes の曲"Blue Orchid"のPVを連続30回見たことがあるあせあせ(飛び散る汗)
posted by こたえ at 00:35| Comment(2) | TrackBack(2) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ゼロゼロセブン」、
「ゼロゼロナナ」、いろいろと呼び方ある
ようですね。
私は「慰めの報酬」1枚と言いました。(笑)

トラックバックをさせていただきます。

さて、3月、わが町は「キク・ギドクの月」。
また、接近遭遇をしましょう(笑)
Posted by 哲 at 2009年03月02日 07:27
☆哲さま
そ、そうか、「慰めの報酬」の方を言えばよかったんだ…( ̄□ ̄;)
TBありがとうございます! 早速お返し致します!

キム・ギドクデースタートは、3月21日ですね♪
楽しみにしております。勢いこんで土曜に行っちゃうかも(笑)
そういえばわれらがC劇場のBlogが記事全部削除されているのですが…
何かご事情ご存じですか? Blog辞めてしまわれたのかしら…?(ρ_;)




Posted by こたえ at 2009年03月05日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ヘブンズ・ドア」 自分の死に向かい合うその時に
Excerpt: 「鉄コン筋クリート」のマイケル・アリアス監督の初実写作品です。 オリジナルはドイ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-02-22 17:08

007/慰めの報酬■アクションがすごいわりには・・・・
Excerpt: ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは肉体派というか、アクション派である。ボンドはもともとがそうではないかと言われれば、その通りであって、これまでのボンド映画と違う点は、センス・オブ・ワンダーとかユ..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2009-03-02 07:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。