2009年05月14日

「ノルウェイの森」映画化

ここのところ
親の通院のつきそいで病院に行く→変な風邪もらう→激しい下痢になる→
体力消耗して2-3日動けない→治りかけた頃親の通院のつきそいで病院・・・→ループ
でひどいことになってたこたえです。
とりあえず、下痢って体力むちゃくちゃ消耗しますねぇ(ρ_;)
おなかに力が入らなくて、何をするにもきつかったっすふらふら
おかげで見たい見たいと思っていた映画も、見るのガンガン遅れてますバッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)
そして明日もこれから親のつきそいで病院ですわがく〜(落胆した顔)
今度こそ、変な風邪もらわないように気をつけなきゃ(>_<)
 (新型インフル…ではないと思う、おなかがひどくなるだけなんで)
皆様も気温不安定な折り、体調、ご自愛下さいねぴかぴか(新しい)

さて、GWに読書された方も多いと思うので、今日は久々に本の話題で。

東京時代の職場の同僚が村上春樹フリークで、
私も何冊か読んでみたりしたのですが、
読んだ本が悪かったのか、どうにもあまりはまれず。。。
  (何を読んだらいちばんはまれるんでしょう?
  ムラカミにはまってるかた、もしよければご教示下さい)


でも、先日会社を辞める前の3週間、会社に通いながらみんなに
「いないもの」のように扱われ、話しかけてももらえず、
一人でずっと業務マニュアルを作っている間、ずっと心に思っていたのは、
村上の「風の歌を聴け」の中の一節、

    「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」
 
でした。 
・・・やっぱり好きなんだろうか。(笑)
風の歌を聴け (講談社文庫)風の歌を聴け (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2004-09-15
売り上げランキング : 1417
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さてこのたび、その村上作品の中でもおそらくいちばんのベストセラーである
「ノルウェイの森」が映画化されることになりました。
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2004-09-15
売り上げランキング : 46
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
村上 春樹

講談社 2004-09-15
売り上げランキング : 51
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


監督は、私が「この監督が撮る映画なら劇場に行って見る」と決めている
監督の中のひとり、トラン・アン・ユン監督。

監督の作品は、有名な「青いパパイヤの香り」から
「シクロ」「夏至」と、いずれも映画館に足を運んで見てたんですが、
ここ数年(今調べたら8年!)監督作がなく
ファンとしては寂しい思いをしていました。
(その間にキム・ギドク監督に浮気しちゃったあせあせ(飛び散る汗)

青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]
トラン・ヌー・イェン・ケー, リュ・マン・サン, グエン・アン・ホア, トラン・アン・ユン

ジェネオン エンタテインメント 2007-02-23
売り上げランキング : 25446
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そのトラン・アン・ユンの、8年ぶりとなる監督作品が、
ジョシュ&イ・ビョンホン&キムタク出演で話題の
"I come with the rain"(『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』 )。
(こんな有名人がいっぱい出る作品、
トラン・アン・ユンが撮るなんて予想もしてなかったので超びっくりした)

そのあとの作品が「ノルウェイ〜」になるようです。

日本人が主役の映画をベトナム出身の監督が撮るだけでも相当な冒険だし、
小説の映像化というのは、原作とどうしても引き比べてしまう為
ひっじょーーーに難しいときている。
しかも「超」のつくベストセラーでしょ?
この本に並でない思い入れをしてる人って多分いっぱいると思うんですよね。

その大勢の人たちの期待を裏切らない映画を作るって
並大抵のことじゃないと思うんです。

他の監督だったら、「映画化」ってニュースを聞いた瞬間に
「あー、企画倒れだ、、、」と思ってしまうところ。

ですが、トラン・アン・ユンなら、あの静かな佇まいの彼の絵づくりなら、
もしかしたら、村上のあの世界観を表現できるかもしれない!
と、ニュースを聞いて以来、密かに期待していました。

その時は「まだキャスティング中」とのことで
配役は明らかになっていなかったのですが、
今日、主要キャスト決定とのニュースが。


松山ケンイチ&菊地凛子が主演 映画『ノルウェイの森』キャスト発表


よかったー、SAYURIの時みたいに、
主役日本人じゃなかったらどうしようかと思ってた
爆弾

ワタナベに松ケン&直子に菊池凛子さんという、
多分日本人で揃えるとしたらベストであろう
若手演技派の二人がキャスティングされた!
ひとり、演技経験のない人が入るみたいなんで、そこは
ちょっとマイナス要素だけど、でもあの二人なら
かーなーりーー、期待値ハードル上がりましたハートたち(複数ハート)
来年秋公開ということで、一年半あるんだけど
楽しみに待っておこうと思います黒ハート

あ、思い入れといえば、
こたえがむちゃくちゃ大好きな本である「風が強く吹いている」。
風が強く吹いている
風が強く吹いている三浦 しをん

おすすめ平均
stars二度目を読んでいます。
stars駅伝万歳!
stars箱根の山は天下の剣
starsゆかいな設定の中にあるリアリティー
starsまるで自分が走っているような錯覚に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最初に読んだ時に、あまりにもこの本を
「イエス、フォーリンラブ!」とばかりに愛してしまったので
「ぜーーーーーったい、映像化して欲しくない!」と思っていたのですが、
先日の舞台化につづき、映画化が決まって、既に撮影が進んでいます。
し・か・し、
舞台はアトリエ・ダンカンプロデュース&主役は箱根駅伝経験者の和田正人くん、
そして映画版の主役が、「彼だったら走(主人公の名前)にあうかもしれない」と
思っていた林遣都くん(「バッテリー」の主役の子っていったらわかる?)だったので、
最近は心ひろく、映画ができたら見に行こうかな、なんて思っていたりします。
ああ、なんてフクザツな乙女心(笑)。
でも、原作を踏みにじっているような映画だったら、
容赦なく血祭りに上げますので、お楽しみ(??)にるんるん うふ( ̄m ̄*)
風が強く吹いている 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
三浦 しをん

集英社 2008-03-19
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by こたえ at 23:34| Comment(3) | TrackBack(1) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノルウェイ、読んだよ〜この時期って氏の最前線みたいな時期だったよね。
キャスティング、一人演技が云々で笑ったけど、
あの2人なら、間違いないでしょう。というか、凛子さんて そんなに若かったかいなと。いいのにキャストされたよね、しかし。ここら辺、繋げてるトコが凄いね。こっちはあんま無いな。相変わらず、馬鹿セレブが増えてきてる位で GAGAとか(爆)
Posted by Juellie at 2009年05月16日 02:33
☆Juellieさま
GAGA(大爆笑)
やばい写真だか動画だかの公開を恐れてるって時点で
バカセレブ確定ですねwww
しかしあの売れっぷりはなんなんでしょう??
私は'80世代なんでやっぱDead or Aliveのカバーの
Flo Rida(ft Akon & Kesha)の"Right Round"の方が
頭回っちゃうんですけどね(^_^;

ムラカミは、友人知人で熱狂的ファンが多いのですが
私自身は、どうにもこうにも苦手で、、、
いちばんはまれそうな20代前半の時に駄目だったので、
もう無理かもと思いつつ、でも本読むのは好きなので、
トラン・アン・ユン映画にもなることだし、
今時間のある時に、いっちょ克服してみようかと思い立ちました。
Juellieさんもお読みになってらしたんですね!
確かにムラカミはあの時期のすさまじいブームったら
なかったですね。今はそれでもだいぶ落ち着きましたが
エルサレム賞の受賞スピーチと新作発売が迫ってるので
最近また話題になってます。
エルサレム賞のスピーチはほんとよかったので
よければ以下参照して下さい(全文英語です)。
http://www.47news.jp/47topics/e/93880.php
Posted by こたえ at 2009年05月18日 13:49
あ、あと凛子さんは今28歳。
直子は確か20歳前後でしたよね??
でも「バベル」で高校生演ったくらいだし、
トラン監督がオーディション用ビデオを見て
「3秒で直子になれると直観した」
と言ってるくらいですので大丈夫だと信じます。
演技経験ないのは19歳のモデルさんだそう。
松ケンと玉鉄が出る時点で嬉しいですけど(笑)
Posted by こたえ at 2009年05月18日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

私には難攻不落の小説「ノルウェイの森」が映画化されるというが...
Excerpt: あの「ノルウェイの森」が映画化されるという。監督はベトナム出身のフランスの映画監督トラン・アン・ユン。「青いパパイヤの香り」、「シクロ」など不思議なタッチの映画世界を作る作家である。私はこの原作は何度..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2009-05-15 16:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。