2010年03月01日

苦節2ヶ月(涙)

昨日の「龍馬伝」、よかったですね〜ハートたち(複数ハート)
人命にかかわるから仕方ないけど、津波地図で少し見辛かったのが残念でしたが、
マシャが「昨日の回の見所は『龍馬伝紀行』」と事前に言ってたように、
山本拓磨の命がつながったことが、あんなふうに歴史を動かした。
命を救われた側の拓磨は司祭になって、80歳まで生き抜いた。
対して命を救った側の龍馬は、志半ばの33歳で死んでいる…。
大きな歴史のうねりが象徴するような二人の運命の対比が
「龍馬伝紀行」を見ることによって分かって、
背筋にゾクゾクと寒気が走るような感動を覚えました。

実は数回前の「ブラタモリ」(全回見てます(^^ゞ)の神田の回で、
タモリがニコライ堂に上って鐘を撞かせてもらったり、
ニコライ堂の上から撮った写真を見せてもらったり、というのを見ていたので、
学校の帰り、よくニコライ堂回って帰った自分の学生時代の思い出とあいまって
何かとっても心に響く回でしたかわいい
もちろん、福山龍馬らしい優しさにも感動ぴかぴか(新しい)
  (実際は拓磨の逃亡には、武市さんも手を貸したらしいですが)
来週は待望?!のマシャ入浴シーンですよ〜!
由美かおるの入浴を待つじいちゃんの気持ちが
はじめて身に染みてよくわかりましたわーーーウフフフキスマーク

ところで、年末にREGZAを買ってはや2ヶ月。
福山くんと同じ学校に通ったという販売員さんのご厚意で
マシャポスターをもらえるという約束をとりつけた
ものの、
「来たら日記に書きます」と言ったきり書いていないので、
あのあとほんとにこたえはポスターもらえたのか?と思ってた方も
いらっしゃるかと。。。


いやー、資材購買を担当していた時代、納期督促の鬼と言われた私ですが
ここまで苦労するとは思わなかった、、、
「実際にお店に取り寄せてみたら、思ってたものではない
ミニサイズのものが来てしまったからもうちょっと待ってくれ」とか、
「メーカーに在庫がないから待ってくれ」とかというので
延び延びになり、気がつけば二ヶ月…。

とはいえ「ここまで交渉したのはこたえさんがはじめてです」
と言われた押しの強さと粘り腰で引き下がらず
ずーーーっと待っていたら、…ついに来たキターっ!!
待てば海路の日和あり、ついにVARDIAのポスターを頂戴できました(涙)
どうやら今日からブルーレイの新ポスターになったので、旧型を下さったみたいです。
でも新品を頂けて大感謝うまい!
待っててよかったーーーーっexclamation×2


↓はメーカーが間違えて送ってきたというミニサイズのもの。
「小さくてもいいですー!」と言って戴いてきました。
100217_2218~01.jpg


↓が頂戴できたVARDIAのマシャ。
マシャがいっぱいいて貼ったらキンチョーしそーだ。。。
100217_2206~01.jpg


posted by こたえ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MASHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック