2013年03月10日

「私のために殺して」 ゼロ・ダーク・サーティ

PC引っ張り出す(ノートなんです)時間もなく、自動車保険の更新するのに久々に立ち上げてみたら、
おわっ!いつも使ってたサイトがGoogle様から攻撃サイトに認証されとるやないかい!
赤でベカベカしたページに「危ないっす!」みたいなことが描かれてるのを見て思い出しました、
そういえばもっと危ない国で危ない作戦をしてる人の映画を見たじゃないか!と。

「ゼロ・ダーク・サーティ」
ゼロ・ダーク・サーティ(監督:キャスリン・ビグロー 主演:ジェシカ・チャステイン、 ジェイソン・クラーク) [DVD]
9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。そんな中、CIAのパキスタン支局に若く優秀な女性分析官のマヤが派遣される。マヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが……。


「私のために殺して」
UBL=オサマ・ビン・ラディン殲滅作戦に赴く海兵隊に
主人公の女性分析官・マヤがいう台詞が非常に印象的でした。
言葉上は「私の代わりに殺して」ともとれると思うのですが、
ネタバレになるので書けない様々な出来事を経て、執念でUBLを追ったマヤの
血反吐を吐くような言葉なんだからこの訳しかないのかも。
訳者すごいな、と思いました。


(以下ネタバレ)


マヤといえば「ガラスの仮面」が脳裏をよぎって
集中しきれない日本の鑑賞者が多いであろう前半30〜40分過ぎ、
誰もが目が覚めるようなことが起き、
日本では比較的ありがちな「動かない上司」ってアメリカにも、CIAにもいるのね〜、と
思いつつ、明らかに変わったマヤがいけいけドンドンでCIA長官にまでかみつきながら
思いを遂げ、しかしながら自分のしたことに虚無の涙を流すマヤを見て、
キャスリン・ビグロー、「ハート・ロッカー」より更に
追い詰めた映画作ったなあ、、、と思いました。
(「ハート・ロッカーのラストは主人公が自ら決めて「自分が居心地いい方へ行く」
という結論を選び取るけれど、こちらのマヤにはもう多分どこにも行く場所がない)

追伸:
そうなんです、マヤといえば私も「ガラスの仮面」思い出しました!>マリリンさん
この作品、早くからアカデミー候補の呼び声も高かったのですが、
政治的論争にびびった老人達のせいか、監督賞候補から外されちゃいました。
しかし、「絶対女子にはついてないもんついてるだろ女子」ことキャスリン・ビグローの
映画手腕は、アカデミー賞とった「ハート・ロッカー」に決して劣るものではなく
もし関心がある方がいれば、是非見て欲しいと思います。
にしても、マヤ役ジェシカ・チャスティン、浅草キッドの水道橋博士も言ってましたが、
今後もっと有名になること間違いなし。
洋画よくご覧になる皆様、是非彼女の名前をお忘れなきよう!
posted by こたえ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジェシカ・チャスティンはスゴいよね、彼女がアカデミー賞獲るべきなんじゃ?って思ってましたよ。
実力より、ハリウッドの新鮮で若い女王を作りたいがためにジェニファー・ローレンスに挙げたんじゃ?
ケイト・ブランシェットを打ち破ったグウィネス・パルトローのときのように、と。先週末までは。
それが、もう、『世界にひとつのプレイブック』で、ノックアウトされました。
この映画が日本でヒットしないのは「泣けない」からだと思う。
いまって泣ける=感動した、じゃないですか。
病気を笑い飛ばすのは、日本人に向いてないんだと思うよ。

話を戻して。マヤが「分かり合える女友だち」を失ったことで常軌を逸するのが分かった!
きっとマヤは北島マヤのように、戦火を乗り越えるような女友だちいなかったんだろうな。高校出てすぐの就職だし。
これが男だったら、あそこまで執着したか。
乙部のりえを追いつめてゆく亜弓さんを思い出しましたよ。
Posted by マリリン at 2013年03月12日 01:30
☆マリリンさま☆
お返事遅くなりたいっへんスミマセン、、、
そうこうしてるうちに「最強のふたり」がやっとWOWOWで放送!
Blu-ray買わないで我慢しててよかったぁぁぁ(T∇T)(せこい!)

ジェシカ・チャスティンと、「チャ」つながり(なんじゃそれ)で
チャニング・テイタムの、このRising Sun的上り調子にはビックリです!!
仕事決まる時っていうのはああいう感じなんでしょうかね〜。
そういえばまだ『世界にひとつのプレイブック』見れてないですm(__)m、、、

>これが男だったら、あそこまで執着したか。
確かに!! 女ならではの執念ですよね。ビグローはそのへんの
えぐり方がうまいなあといつも感心します!!
Posted by こたえ at 2013年08月14日 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック