2013年09月21日

美English選手権回答

では
http://kotae.seesaa.net/article/375268075.html
で書いてた美Englishの問題、先生の模範解答です!


@(レストランで)
ここのオススメは何ですか?辛いのは苦手です。
・ヒント→「辛い」はSから始まる単語


What do you recommend? I don't like spicy food.

「辛い」はSpicyです。Hotでもいいんだけど、熱い場合もHotなので
Spicyを使う方が無難。

A(タクシー車内で)
ちょっと寒いんですけど、冷房を弱めてもらえませんか?
・ヒント→「クーラー」は和製英語なので通じません


It's a little cold. Please turn down the air conditioning.

クーラー→エアコン→air conditioning(air conditioner)が正解です。
劇団ひとりのweather machineがツボに入って見てて咳き込みましたwww


B(ホテルのフロントで)
ケイタイの充電切れちゃったんですけど、コンセント借りていいですか?
・ヒント→「借りる」に何を使うかがポイント


My cellphone battery is out. Can I use an outlet?

「借りる」につられてborrowとかrentalを使っちゃいがちですが、

・rent→お金を払って貸し借りする(例:rent-a-car=レンタカー)
・borrow→ただで借りる

そしてrentもborrowも「基本的に物が動く」ので、
「動かない物を」「無料で」借りる場合にはuseが正解。

例:「トイレを借りていいですか?」=Can I use the toilet?


別の日にもう一問やっていたのを昨日見つけました!
こっちは海外行った方ならできたはず!
てか、私、シンガポールとハワイでこれしか言ってなかった気がするwww

お土産を見つけた!だけど高い・・・というとき)
「これじゃ高すぎるよ!もっとまけてよ〜」


こたえは↓↓↓



This is too expensive. Please give me a discount.

more discountでも全然通じます!

2回見てて、先生の教え方が前向きで、とても優しくて、
ああ、いい先生だな〜〜と思いました。

英語はホントに恥をいくらかけるかが勝負で、そうして覚えたものは身につくので、
恥ずかしくても間違ってても、どんどん使ってこそだと思ってます。

キスマイの玉森くんの回答が「俺ってホットだろ?」「俺ってクールだろ?」
予期せずすべてジャニーズ的になってたのが面白かった!
川島なお美の八百長疑惑を劇団ひとりが勝手にねつ造してるのも面白かったwww



以下蛇足・・・

発音の話。
工藤夕貴ちゃんの努力が大好きです。尊敬してます。
ただでさえ牌の少ないハリウッドで、役を勝ち取るために
彼女が努力して身につけたもの。とても素晴らしいと思います。
発音うまくなりたいなら、彼女の本は絶対に一読の価値があります。

さて、それでは、あなたが英語でしたいことは何ですか?
発音がうまくなること? いろんな人と意思疎通をすること?
それだけじゃないですよね。

英語は所詮、道具です。just a toolです。
それを使って何をしたいのか、何をするか、が大事だと思います。
彼女は女優として活躍するため、喋るだけではなく、
それにプラスして、発音の正確さが求められました。
そのためにすさまじい努力をして、あそこまでになったんです。

でも、あなたには、それが必要ですか?
仕事で使いたいなら、もっと他に磨くことがあるのでは?

英語の発音にこだわるのも結構ですが、
「英語ができても、バカはバカ」、というすごい帯の本を
マイクロソフト元社長が出すくらいですから。←これすごい同意!
「英語をしゃべれるヤツは偉い? アメリカ人だってバカはバカなのに」←その通り!!

正しい発音でしゃべろうと思って、考えてクチをつぐんでしまうくらいなら、
どんな発音でもしゃべって意思疎通を図ろうとしてる人の方が絶対いい。
その発音をバカにして笑う人がいたとしたら、私はその人を軽蔑します。

お仕事でご一緒しましたが、インド人の英語、シンガポール人の英語、すごいですよ。
正直、ワケワカンナイ!分かるようになるまで相応の時間が必要でした、、、
でも彼らは胸張ってしゃべってちゃんとビジネスしてる。
彼らとビジネスして渡り合える能力を身につけることの方が、
仕事する上では、中間音やら破裂音やらの発音を磨くよりも大事だと思います。

はぁ、ずっと言いたかったんだ。書けてスッキリした!!
posted by こたえ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375488075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック