2014年12月31日

2014年私のベスト(映画・ドラマ・アニメ)

12月後半になって時計が二つも壊れました。掛け時計はともかくコーチの腕時計は
どうして壊れたの?妖怪のせいなのねそうなのね。
どわっはっははー、ウォッチ、今何時?一大事〜、どこじゃない、大惨事〜〜
というわけで皆さんこんばんは、こたえです。2014年もたいへんお世話になりましたm(__)m
2014年はスマホに本をDLしまくってそれを読むためにTV離れが進む、という
いいのか悪いのかわからんことになり、日記更新の機会が減りっぱなしですが、
その代わりいいアプリ入れたTwitterはやかましい勢いでやってますので
もしよければそちらの方でもよろしく。

というわけで紅白終わりまでまとめるつもりだったのに
まとまらなかった2014年のベスト置いときますぜ!




2014年映画部門
@ インターステラー
A ゴーン・ガール
B ゴジラ か オール・ユー・ニード・イズ・キルで迷うなあ。。。

1位のインターステラーはつぶやきでも書いた通り、3時間で5回泣いた。
そのうち一回は「美しくて」泣いた。ブランチで谷原さんが言ってた
「美しい」っていうのと多分同じとこだと思う。
クリストファー・ノーランの脳みその中、ほんとどうなってるんだろう。すごいわ。。。
インターステラー (竹書房文庫) -
インターステラー (竹書房文庫) -
↑ マーフ役ジェシカ・チャスティンの演技も素晴らしかった

2位のゴーン・ガール。自分のいた所の一つが映画になったのはうれしいことですが
(でもロケ地は小説と違ってたなあ。。。同じ州ではあるけどね)
それ以上に、「セブン」デビッド・フィンチャーの本領が見れてうれしかった!
あれだけ笑わせる箇所作りながらもあの内容! 見たあと確実に顔の輪郭が変形しました(泣)
そして配役の妙!あの旦那はベン・アフレックにドンピシャだったし、
あの嫁を演じきったロザムンド・パイクには、今後オファーが殺到するでしょう。
ゴーン・ガール 上 (小学館文庫) -
ゴーン・ガール 上 (小学館文庫) - ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) -
ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) -
↑ 映画評論家・町山智浩さんからのアドバイス「原作を上巻だけ読んで映画見るとよいよ」

何せ本数見てないので3位決めづらい!
脚本カスだけど絵だけで見せきるゴジラパワー、嫌いじゃないぜ。
オール・ユー・ニード・イズ・キルも結構よくできてると思うし。。
しかし、
複製された男、her/世界でひとつの彼女、ジャージーボーイズなど
見たい映画が何一つ長崎に来ないという環境でして。。。
楽園追放もむっちゃ見たいのに見れてないし…(三木さんのお声好き)
そんな中、今年の映画における最大の後悔は
「アメージング・スパイダーマン2」を見れなかったこと!
あああああ3D吹き替えで見たかったよおおおおおおおお
あと、多くの方がベストに入れてる「6歳の僕がー」と「ガーディアンズ・
オブ・ギャラクシー」見れなかったのも痛い、、、
ちなみに去年から大騒ぎしている「進撃の巨人」のアニメ劇場版も
長崎ではまだやってない(1月公開)のだよ。ああ何この文化格差(泣)


ちな2013年マイベストは
@ ゼロ・グラビティ←こればっかりは映画館で見ないと意味がないと思う
A クロニクル
B Looper(ルーパー)
…ってSFばっかりじゃないか(焦)

------------------------------------------------------------

2014年ドラマ部門
@ アオイホノオ
A 孤独のグルメ
B 深夜食堂

ほんとにTV見る時間が減っちゃって、ドラマやバラエティ減った分が
少しずつアニメと本にシフトしてる感じ。1時間の連続ドラマ
見るのも苦痛になってきた。なんなんだろ?歳かな??
というわけでベストドラマは全部30〜45分という、、、

------------------------------------------------------------

2014年アニメ部門
@ ばらかもん
A 月刊少女野崎くん
B ハイキュー!! と 鬼灯の冷徹 と 暁のヨナ

1位のばらかもん。作者さんが長崎(というか五島)ご出身なのと
番組内で書を書いてらっしゃる書道家の先生が、今わたしが住んでる市の
ご出身ということで見始めましたが、あそこまで完璧な長崎弁で演じて頂いた上に
あの面白さ。書道とカリグラフィーの違いって何?という感じの海外の皆さんが見て
はまっていたくらいの名作。毎週が癒しでした。終わるのが寂しかった。
これと2位の野崎くんが同じクールとかあのクール化け物揃いかっ!
スピンオフはんだくんアニメ化、および2期待ってます!
ばらかもん 第四巻 [Blu-ray] -
ばらかもん 第四巻 [Blu-ray] -
↑ 3巻に続き、先生の中の人(小野D)となるちゃんの中の人(涼子ちゃん)の五島旅つき第4巻

2位の野崎くん。ニコニコ動画での1話の再生数驚異の89万回突破。
原作一気買い不可避の面白さ。男女逆転設定があそこまで活きてるのが面白すぎる。
誰が何と言おうと正ヒロインはみこりんです!
月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE) -
月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE) -
↑ ヒロイン二人(笑)。千代ちゃん役の小澤さん、千代ちゃんにほんとピッタリだった!

3位の@ハイキュー!!。 作者絶対バレーボールしてただろ!とすぐ分かるくらい、
(主人公・翔陽と同じMBだったそうです)
バレー部あるあるにあふれたリアリティや心理の動きが真に迫ってて、
元バレー部の私、誇張ではなく毎週泣いてました。
コートの中にいるような気持ちになっちゃって。
特にポジションが同じだった旭さんのエピソードには完全に感情移入して号泣。。
アニメの絵作りもすごくて、実際ボールとか視界はああいう風に見えるし、
ピンチサーバーのあのいたたまれなさの表現とか!思い出してお腹痛くなったもん。
ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス) -
ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス) -
↑ のやっさんも大好きです。中の人がみこりん=のやっさん=シンア(暁のヨナ)と知ってビックリ!

3位のA鬼灯の冷徹。 通ってる病院のロビーにモーニングが置いてあるんだけど、その中で
これとジャイアント・キリングとコウノドリは絶対読んでる。ので、アニメ決まった時はうれしかった。
しかも制作が「進撃の巨人」と同じWIT STUDIO!ああ、地獄にも天の恵みだ。
実際、面白かったー!「ドスケベマダムス」が安元さんのバリトンボイスで聞けてほんっと、幸せでした。
現在OVAを地域限定で公開中!OVAもいいけど、地方民救済で是非2期を!何とかなりませんかねえ(>_<)
地獄の沙汰も君次第(初回限定盤) - 地獄の沙汰オールスターズ
地獄の沙汰も君次第(初回限定盤) - 地獄の沙汰オールスターズ
↑ この曲でアニサマご出演。金棒振り回す安元さんがリアル鬼灯様でむちゃカッコよかったっす!!

パララックス・ビュー(アニメ盤) - 上坂すみれ
パララックス・ビュー(アニメ盤) - 上坂すみれ
↑  作詞・大槻ケンヂ、作・編曲NARASAKIという特撮コンビのED。タイトルは同名映画から!

3位のB。今クール群抜いて面白いのが暁のヨナ。
タイトルだけで「韓国ものでしょ!」と思われ敬遠されちゃうのがひっじょーに残念すぎる!
ぜんっぜん韓国関係ないよー!架空の国のファンタジーものだよーー!
名前だけで避けられちゃうのがほんとに勿体ない。ああ!なぜあと2年早く作れなかったのか!
原作読んでたので、アニメになるにあたり一番不安だったのが
絶対的ヒーロー、高名な武人である「ハク」の動き。
もし止め絵ばっかで動いてなかったら絶対アニメスタッフ呪ってやる"(-""-)"と思ってましたが
それが杞憂に終わってほんとよかった。。。
毎回ニコ動でも見てますが、ハクの場面はコメント欄が絶賛であふれるくらい、
絶対少女マンガじゃねーだろ、という凄まじい動きします。
特に6話のアバンとAパートは、「ストレンヂア」の冒頭の超絶殺陣や
「イノセンス」の美しい銃撃シーンご担当された伊藤秀次さんの作画による
ハクの戦いで本当に素晴らしかった。落ちてゆく指の動きまでカッコよかったし
「スタジオぴえろの本気」タグがつくくらいの出色の出来。
そしてハクを演じる前野さんがイケボでピッタリでビックリだよ。さすが作者が選んだだけある!
2クールあります。1月5日にニコ動で19時から一挙放送ありますので今からでも是非!
暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS) -
暁のヨナ 13 (花とゆめCOMICS) -
↑ もはや少女マンガの表紙ではない13巻

暁のヨナ 16 (花とゆめCOMICS) -
暁のヨナ 16 (花とゆめCOMICS) -
↑ 表紙だけで号泣した16巻。この表情にハクの全部が入ってる(泣)

ちなみに「暁のー」は原作もすごく面白く、「今回・前回の本誌で大展開あった!」と
ニコ動コメントで見て、とうとう単行本だけでなく、本誌も買いに行って読んだのですが、
ある意味「進撃の巨人」よりグロイ、えぐい回で
私が好きになる作品はみんなこっちのルートなのか?!と思ってしまった、、、
あれ再現するなら深夜枠しかないし、声は男性がやるべきで、下野さんでよかった。
ストックあるので絶対2期やってほしい!
そして!アニメでは
全力でジェハ登場待機っ!!!!!!!!
緑めちゃくちゃカッコいいですぜ。原作未読の皆様、お楽しみに!!

花とゆめ 2015年 1/10号 [雑誌] -
花とゆめ 2015年 1/10号 [雑誌] -
↑ 「進撃の巨人」で回り中を巨人に囲まれた的な展開の前号からのこの号。震えました…。

ちな2013年
@ 進撃の巨人
A キルラキル
B 弱虫ペダル

以上、長くてごめんなさいm(__)m
皆様、2015年もこんな感じで時々ぽそっと更新って感じかもしれませんが
どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
posted by こたえ at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年は、ほとんど行き来できなかったけど、
Twitterは、見てるだけになってますが
今年は、もう少しアクセス出来ればと
思ってます。

未だにTwitterのやり方が、よく
わかってないという感じで…^^;

こんな感じですが、今年も
よろしくお願いします。


Posted by kuumin. at 2015年01月16日 16:52
☆kuumin.さま☆
こちらこそ超絶ご無沙汰しまくっててスミマセンm(__)m!!
blogは月イチくらいのノンビリですが、Twitterとmixiはそこそこつぶやいてますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by こたえ at 2015年01月20日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411600472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック