2007年05月27日

5/26 歩けどもしゃべれども・・・

連泊なので寝ぼすけしても大丈夫なのと、
太一くんの舞台挨拶が午後からなので、
朝は部屋でぼーっとテレビを見ていたら、オセロの松嶋が
ジョニー・デップさまにインタビューしていました。
いや、あれはインタビューじゃないな、
だって「黒ヒゲ危機一髪!ジャック・スパロウバージョン」を
ジョニーさまとやっていただけだもの ^_^;
あれなら昨日kuumin.さん&mikaりんさんとやったぞー!と
ぶつぶつ言っていたら、hanaminさんからメールが〜〜。
「6ちゃん見てる?!」
へっ!?と慌ててみたら、太一くん&香里奈ちゃん@しゃべれどもX2チームが〜!
もう外出しようと思っていたところだったのでラッキーでした!

その後、元・実家のあったところで用事があったので出向いたあと
ダヴィンチの「受胎告知」を見に上野へ。
「受胎告知」は、イタリア行ったときにウフィツィ美術館で見ているんですが
まさかもう一度、しかも日本で見られると思っていなかったので
時間ができたら是非見たい!と思っていたのを実行しました。
久々に行ったら、いやー、上野駅⇒国立博物館までって、結構歩くのね〜(T_T)
靴が固くて足が痛いっちゅーねん。
ついたらついたで、「受胎告知」のある、
というか「受胎告知」1つしかない
第一会場は入場25分待ち。(でも短い方らしい)
入場時は手荷物検査&金属探知機あり、
日傘や傘で折りたためないものは持ち込みNGと厳しいので、
これからいらっしゃる方は気をつけて下さいね。
並ぶのが日陰で助かりました〜が、約30分並び、ようやく展示室へ。
大天使ガブリエルが、マリアに、神の子が宿ったことを
告げにくるシーン。
現存する「完成した」レオナルド・ダ・ヴィンチの初の絵と言われているのがこの「受胎告知」。
何せ友人が「この絵みたさに」イタリア旅行に行った(そして私はそれについて行った(^_^;)
くらいの超有名なやつです。
さすがに、やっぱり、実物を生で見ると、
マリアさまの髪の毛のところがきらきらしていたり、
ガブリエルやマリア様の洋服の裾の皺がもんのすごーーーい!美しかったり、
レリーフが細かかかったり、と、
写真やテレビでは分からないところだらけなのですよ。
絵の真下では立ち止まれないので、
少し離れた正面からじ〜〜っくり観察。
何せ30分並んで、見るの1分という事態だけは避けたい! ^_^;
10分くらい粘って観察したあと、第一会場を出て
5分くらい歩いて今度は第二会場へ。
こちらはダヴィンチの発明品のレプリカや、
当時のメモなどの展示がありました。

一通り見終わって、まだ待ち合わせまで時間があったので、
今度は青山に移動して、私のいちばん好きな画家・アンドリュー・ワイエス展へ。
彼の展覧会に行くのは10数年前に西武でやってた「ヘルガ」展以来なので超わくわくるんるん
美術館ではシャガール展と併設されていたので、点数少ないかな?と思ったのですが
なんのなんの、結構点数あって嬉しかったです。
彼の絵の背後の、とてつもなく大きな寂しさと美しさは、やっぱり最高。
RagBag_wyeth.jpg

画集売ってたんですが、重いし、Amazonの方が安い(爆)ので、絵葉書だけ購入。

そして今度こそ豊洲へ移動。 hanaminさんとばっちり駅で再会して、ららぽーと豊洲での
太一くん初の単独主演映画カチンコ「しゃべれどもしゃべれども」カチンコの舞台挨拶つき上映会へ!
070525_1909.jpg
ユナイテッドシネマ豊洲で何がいちばんびびったかって、トイレがきれい〜〜!!!
ウォシュレット着いてるくらいじゃびびりませんが
その他の備品&眺望がすごいのよね〜。
オートで便座のふたは開くし、
洗面所の水溜まるボウルからして四角でおしゃれだし、石鹸いれも
外国製っぽいオサレーーな柄入りのやつだし、
それになんてったって景色が!
レインボーブリッジの後ろの夕焼けが見えるトイレですよあーた!
マドンナになって「アリアケ〜」とか言っちゃいたいくらいじゃないです?(爆)
緊張して手が上手く洗えませんでした〜〜(バカ)。
そんな中、いよいよ舞台挨拶♪
平山監督、太一くん、子役の森永くんの3人が来てくれて、
森永くんは「まんじゅうこわい」を一節やってくれましたるんるん(かわいいの〜!)
できたら香里奈ちゃんや伊東さんも見たかったけど、
森永君と太一君がかわいかったから、許す!(なんじゃそりゃ^_^;)
という太一くんの貴重なサインいりポスターをぱちりカメラバッド(下向き矢印)
070526_1940~0001.jpg

さて映画ですが、
これ、2007年本屋大賞&第28回吉川英治文学新人賞をW受賞した
「一瞬の風になれ」を書いた作家・佐藤多佳子さんの小説が原作なんですね。
で、私、この本持っているんですが、映画の公開が決まってからは
それ以上、読みすすめるのを辞めたんです。
というのも、本がすごい面白いんですね。で、こういう面白い原作で
ありがちなのが、映画になったときに、ストーリーが短くなったり
改変されちゃったりして、オリジナルの本の雰囲気が失われてしまうこと。
もしそれでがっかりすることになったら、本も映画も勿体無いなあと思って、
ずっと我慢してたわけです。
でも、それ、杞憂でした。この映画、よかった〜!
私がTOKIOファンという贔屓目を抜きにしても、
この映画本当に良かったと思う!
もちろん出演者の落語、という見せ場はあるんだけど、
それ以上にこの映画は、主人公の落語家・三つ葉をはじめ、
生きるのに不器用な人間たちが集まるうち、
言葉の大切さ、そしてお互いに影響されて変わっていくところが、
下町情緒たっぷりの中で描かれるところがよかった〜。
路面電車ごしのシーンや、船で落語練習するシーンでは、
あそこに引越したーい!
ほおずき市のデートシーンでは、私もほおずき市に誰か連れてって〜!!
と思ってしまいました^_^; 
(と思ってたら、日暮里に住んでいたうちの両親は、
 ほおずき市でデートしたことあるそうな。
 あらー、ちょっと羨ましいかも。)
最初に配役を知った時、太一くんが三つ葉?と
ちょっとびっくりしたのですが
考えてみたらTOKIOでいちばん音楽やアレンジにこだわり、
レコーディングでは最後まで粘る彼の、
その頑ななくらい真面目なところが、
三つ葉の一本気なところと合っていたと思います。
でもTOKIOファン的には、三つ葉の本名が「達也」で、
三つ葉に落語を習いに来る野球選手が「太一」なので、
頭混乱してくるのよね(笑)
それはともかく、ほんとにこれ、オススメ! 
ラストの船のシーンは、ここから「はじまり」を象徴する
シーンでもあるんだけど、あやうく泣きそうになるくらいよかったっす!
私は特に、落語家の友人がいるので余計はまったのかな?と思いましたが、
ご実家付近が画面に映っていた(!)hanaminさんも
大変気に入ってくれましたし、きっと万人が見て、ほのぼのしたり、
すがすがしい気持ちになれる映画だと思います。
三つ葉の見せ場になる「火焔太鼓」は、フルで聞かせてよ!と
思うくらい面白い!
時間余って何見よう?と迷ってる方、是非是非〜!見てくださーい!!
そして、舞台挨拶でふられていた「TOKIO寄席」、
やったら絶対行くので、是非やってくださーい!
(何せTOKIOには落語家演じたことある人が3人いますので(^^ゞ 
 お正月は笑点もやってるし)

と、幸せな気分で映画鑑賞したあとは、
幸せな気分でhanaminさんとSurabayaでお食事。
店すら即断できないグダグダなこたえでごめんなさい〜〜(T∇T)
でも、とってもおいしかったでするんるん 
いい調子になってぐびぐび飲んでました(^^ゞ
hanaminさん、チケットの落札、お手配から発券と、
何から何までお忙しい中やっていただき、
その上スマステや本もお願いしてしまって本当にスミマセン(>_<)
楽しい時間を共有させていただいて、本当にうれしかったです。
この場をお借りして、どうもありがとうございました m(__)m
バッド(下向き矢印)はhanaminさんとむちゃくちゃはまったいのPたち@豊洲交番黒ハート
070526_1632~0001.jpg


posted by こたえ at 01:37| Comment(5) | TrackBack(4) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トイレはほんとにキレイで、映画も良かったし
ほんと楽しかった〜♪
またぜひ来て下さいね〜。
それにしても、いのしし超うける〜(≧▽≦*)

Posted by hanamin at 2007年06月02日 01:24
☆hanaminさま☆
いや〜、あのトイレはマジきれいでした〜。
品川に勤めていた時のトイレがかなり自慢の
ぴかぴかトイレだったんですが、全然負けました(^_^;)
まじホテルみたい!と思ってしまったf^_^;
今度は早めに日程を出して、お部屋予約
お願いできるように頑張ります!
どうやらジャック・スパロウさまは、夏から夜2回、
パレードが始まるらしいので、夜行ってパレード見ぃの→
カリブの海賊行きぃの、というのがいいのかな?
(夏だし暑いし)とかいろいろ考えておりますです。
こちらは地方ゆえ、なかなかTDR情報が入らないので
お得なイベント情報などありましたら是非教えて下さい!
宜しくお願いします!
Posted by こたえ at 2007年06月03日 17:10
書き忘れちゃった!いのししサイコーー!!ヽ(゜▽゜)ノ
Posted by こたえ at 2007年06月03日 22:07
こたえさん、こんにちは。

ほのぼのしていて良かったですよね。

江戸風情のある街っていいですよね。
落語も久しく行っていないですけれど、こんど行ってみようかなと思いました。
水上バスも今の時期はつらいけど、春くらいになると気持ちいいですよね。
Posted by はらやん at 2007年12月01日 07:08
☆はらやんさま☆
こんにちは!! 何回かTBを飛ばしたのですが、うまくいかなくって。コメントだけ残させていただきました。
とてもゆったりした時間が流れている、ほのぼのした映画でしたね♪
東京に勤めていたころ、たまにお台場から船に乗って
両国まで行ったりしたのですが、その雰囲気を思い出しました。
私、この映画、DVD買ってしまいました。そのくらい好きなのももちろんですが、
第一の理由は落語をフルバージョンで見たいがため(苦笑)
Posted by こたえ at 2007年12月01日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『しゃべれども しゃべれども』舞台挨拶@シネスイッチ銀座
Excerpt: 忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座はある。10..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2007-05-29 23:49

「しゃべれどもしゃべれども」舞台挨拶
Excerpt: 今日は浮気しまして、九州から上京したこたえちゃんのお誘いでTOKIOの 国分太一くん主演映画「しゃべれどもしゃべれども」 初日舞台挨拶にららぽーと豊洲の映画館へ行ってきました? 太一く..
Weblog: *flower viewing*
Tracked: 2007-06-02 01:22

映画「しゃべれども しゃべれども」
Excerpt: ●1年に1度でいい。とにかく観てほしい。ただひと言、そういえる作品に出会いたい。今がまさにそのときだ●なんとかしたいと願い、その方向を模索すると見えてくることがある。葛藤こそが物語に深みを与え、葛藤こ..
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2007-06-06 18:10

「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ
Excerpt: 自分の想いを、口にするのは難しい。 たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-12-01 06:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。