2007年07月03日

ジェダイとパダワン!な「ダイハード4.0」!

というわけで皆さん正解ですw 
↓の「映画の日に見た大画面で見なきゃな映画」は「ダイハード4.0」でした!
(え?「パイカリ」はって? だってあれは前売り持ってるから
1000円の日に見ると損しちゃうんだもん)←まだ見てないexclamation×2

ダイ・ハード4.0 (出演 ブルース・ウィリス)
ダイ・ハード4.0 (出演 ブルース・ウィリス)

で! 3が私的に限りなくダメだった(昨日見た方も多いと思うんですが…
なぞなぞはもうええんじゃどんっ(衝撃)と叫びたくありませんでしたか?)ので、
今回4をみるのってかなり冒険だったんですけど、
予告編がものすごくよかったし、「CGじゃなく生身で頑張りました」って
コメントにも共感できるし、(ブルース・ウィリスかなり大怪我してます)
あのヘリを車で満月満月満月を見たら、これは大画面じゃないとだめでしょー!
と、足をひきづりながら早起きして劇場へ。

が。しかーしexclamation×2「シュレック」狙いの家族連れの列が予想外にながーーーいexclamation×2
30分以上並んでるうちに字幕版が始まってるやんexclamation×2

てことで、字幕版開始の40分後に上映開始だった吹き替え版に振り分けられました(T∇T) 
  ※ 一応、「英語の勉強の為」に洋画を見てる設定なんですけど〜>私
まあそれでも何でもあの混雑のなかで、割といい席確保して見れたので
塞翁が馬でしたが。

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)
ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)

で。どうだったかって??
面白かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜exclamation×2 
(↑ 「おんもしろかったぁぁ〜〜〜exclamation×2」くらいで発音して下さい)
あれなら字幕版でもう一回見てもいいぞーーーexclamationと思えるくらいるんるん
監督が思いっきり若返って、「アンダーワールド」撮ったレン・ワイズマンになったんだけど、
(やばいexclamation若いexclamation×2レン・ワイズマン1973年生まれexclamation いつも自分と同年代の人が出るたび、
「私は何を成し遂げたんだろうか?いいや何もしていない」って反語調で落ち込んじゃうんで
監督さんの生まれた歳見るのが最近怖いんだけどあせあせ(飛び散る汗)
脚本がいいのか監督がいいのか、いやどっちもいいんだろうなぁ、
もう3はないことにして(笑) このシリーズを3に繰り上げて欲しいくらいの勢いの、
正当な「ダイハード」の続編にして、これ1本だけでも十分にストーリーが分かるから
1〜3を見てない人でも楽しめる、超娯楽作品でしたexclamation
つーか私、泣いた(^^ゞ(爆)
あんまり書いちゃうとネタバレになっちゃうんだけど、
本編の中でスター・ウォーズネタも出てくるし、見終わっていちばん最初に思ったのは

「ああ、これはジェダイとパダワンだわ〜〜exclamation
(これだけで映画ファンは察して下さい!)
    …気の強い「お姫様」が出てくるところもexclamation×2

とにかくアクションものの王道であり、期待通りのジョン・マクレーン大活躍exclamation×2であり、
マクレーンが守る青年の成長物語にもなっているという、
単なるアクション映画だけで終わらない構成が、元祖・2を彷彿とさせる、素晴らしい作品でしたハートたち(複数ハート)
このマットがね〜、いいのよ〜〜揺れるハート ひげ生やした若い頃のキアヌみたいな感じなのよ〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
(と書いてたら、おお!Kinakoさんも同じこと書いてる〜〜〜exclamationさすがキアヌファンの以心伝心exclamation&question
もうね、後半の彼のアップ、彼のまつげしか見てなかったもんexclamationexclamation×2
もうほんとに ぱっちりexclamation ぱっちりexclamation×2 ぱっちりexclamation×2exclamation×2 (うるせーよw)
これから行く人exclamation×2 是非彼のまつげを見逃さないで〜〜〜exclamationexclamation×2 
ちょっと私もDHCのアイラッシュなんとかって、まつげ育てる美容液買っちゃおうかなーexclamation&question
思わされるくらい、まつげの印象的なマットを演じているのはジャスティン・ロングexclamation
出演歴見たら、結構私今まで彼の出てるやつ、見てるんじゃん( ̄□ ̄;)exclamation×2
(ちなみに「ハービー/機械じかけのキューピッド」「ギャラクシークエスト」「ドッジボール」など)
でもぜーんぜん彼のこと覚えてない(爆)ので、
きっとこの作品で化けたのね〜彼ぴかぴか(新しい)

「ご都合主義すぎる!」とか、「ありえない!」とか言ってる方もおりますが、
あら!?アクション映画に、それも「ダイ・ハード」にそれを言いますかあなた?ということで!
「"3"つまんなかったけど、どうしよう〜?」とか、
「今まで見たことないけど、大丈夫かなー?」と悩んでいる方exclamation×2 
大丈夫ですexclamation×2 
ちょっとでも気になっているなら、是非見に行ってみて下さいexclamation×2


posted by こたえ at 22:28| Comment(5) | TrackBack(4) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こたえさんも絶賛〜わーい♪ヽ(^。^)丿
そっか〜そ〜ゆ〜見方も有りだね〜(^.^)b
私もマットに☆.。.:*・°☆.LOVE〜でしたし♪
なにより【16ブロック】でヘロヘロだったブルースが歳相応なのに、【替わってくれるやつがいないだけさ】なんてボヤクところ〜大好き〜=^-^=うふっ♪☆
Posted by tom☆ at 2007年07月05日 22:23
こたえさん
ジェダイとパダワン。。。なるほど!(笑)
ジャスティン・ロング君今回で大注目です。
スターウォーズといえば、SWオタクの
ケヴィンスミスらしき人出ているなぁと
思ったら本人だって判ってびっくりしました
ダイハードと限りなく遠い場所にいる人だと
思ってたので(笑)
Posted by kazupon at 2007年07月10日 09:16
☆tom☆さま☆
すいませんお返事遅くなっちゃって(;_;)
マットよかったですよね〜〜!!
最近いろんな番組でインタビューに答えていましたけど、
素顔はおちゃめでかわいらしい人でした♪
ブルース、「16 Blocks」でお腹たぷたぷだったのに〜、さすが「マクレーン警部」は不死身ですねぇ('-^*)/


☆Kazuponさま☆
コメント入れないでTB逃げばかりですみませ〜〜ん!!
なかなか時間が取れなくて(;_;) そのうち必ず〜〜(>_<)
そうそう!!ケヴィン・スミスが出てましたね!!!
あの役ヒジョーにおいしいとともに、
彼を知っている人は皆にんまりしてしまうという。
ナイスキャスティングでした〜!(監督の友達とかなんですかねぇ??)
Posted by こたえ at 2007年08月02日 17:18
こたえさん、こんにちは!

レン・ワイズマン監督、若いですよねー。
監督はもともとこのシリーズのファンだとか。
やはりファンだからこそ、このシリーズの良さを知っていて、それがちゃんと表れている感じがしました。
Posted by はらやん at 2007年12月09日 09:53
☆はらやんさま☆
こんばんは!
レン・ワイズマンは、ダイハード大好きで、
1の台詞を完全に暗記しているとか。
その熱意をもって書いた本だから、
ブルース・ウィリスも納得したんでしょうね〜。
でもねがわくば、はらやんさんもおっしゃっていらしたように、
もう少し早く…!ですよね〜!!
(いかんせんブルースがトシとっちゃった、、、)
Posted by こたえ at 2007年12月11日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダイ・ハード4.0
Excerpt: 前作からもう12年経ってるのかー。 あまり期待してなかった分、いやいややっぱり面白かった! 次から次へと危機的状況が連続するジェットコースタームービー。 ブルース・ウィリス52歳。ん?も..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-07-10 09:13

「ダイ・ハード4.0」 走りながら考える
Excerpt: 「ダイ・ハード」という作品は、自分の中でけっこう思い入れのある作品です。 学生時
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-07-16 22:25

「ダイ・ハード4.0」を見た
Excerpt: 「ダイハード」シリーズの4作目であるが、タイトルについている「4.0」がポイントであろう。第1作はビルの内部第2作は空港内と限定された空間が舞台となっていたが、第3作で都市全体と大きく拡がり、第4作で..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2007-07-31 11:17

「ダイ・ハード4.0」 走りながら考える
Excerpt: 「ダイ・ハード」という作品は、自分の中でけっこう思い入れのある作品です。 学生時
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-12-08 19:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。