2007年12月08日

涙をしぼ〜るぅ〜〜!「マリと子犬の物語」

↑ by ひばりさん@みだれ髪

マリと子犬.jpg
山古志村に住む石川家は、優一(40)、その子供の亮太(10)と彩(5)、祖父優造(75)の4人家族。そして愛犬マリ・子犬たちと仲良く暮らしていた。新潟県中越地震が発生し、マリは倒壊した家の下敷きになった彩と優造を助けようとするが、二人の上の大きな梁をどうする事も出来ない……。


全国犬好き・親ばか連盟会員の皆さん、こんにちは!!
会員番号853番のこたえで〜す手(チョキ)
初めて見に行った映画「犬笛」で号泣、
その後「ベンジー」「ラッシー」でもれなく号泣して以来、
「ぜってぇ泣ける犬ものは映画館では見ないっexclamation×2どんっ(衝撃)
と固く誓って有余年。 割とかたくなにその誓いを守ってまいりました。
だから@うー時代からのお友達・史緒さんにも、
「カレンダーは買ったけど映画は行きません」と
宣言していたんだけど…。
ああ、しかし、しかし、、、ふらふら

父) 「うちのらんに似てる犬が出てるからあの映画観たーい」 
      (※らん=2年前に17歳2週間前に亡くなった愛犬・豆柴犬)
ちなみにらんちゃんバッド(下向き矢印)
run_small.jpg

母) 「お父さんが行くなら私も観たーい」
私) 「ええっ!じゃあ私もアッシーで行かなきゃ駄目っすかぁ?!」( ̄□ ̄;)
      (※こたえんち⇔映画館間の直通バスがなくなっちゃったので)

両親) 「だいじょぶ、リアルマリちゃん生きてるんだからさー」
    「行き帰りのガソリン代とお昼代払うからさーー」

私) 「…じゃ、じゃあ、、、」

ということで、親孝行なのか、アゴアシ付きにつられたのかは
読者の皆様の判断にお任せして(笑)、
くっついてまいりました、初日初回(爆・行く気満々じゃん)

で…案の定号泣もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)
マリちゃんえらいっ!! 子犬ちゃんたちくぁわああいいっ!!!
は勿論泣けたのですが、
すごいのは子役の二人exclamation×2
特に彩ちゃん役の麻緒ちゃんexclamation×2 あんた天才exclamation×2 天才ですわexclamation×2
私久しぶりにこの目で天才を見ましたわexclamation×2 いや〜〜すごかったexclamation×2
特にすごかったのがマリを置いていくシーン!
まさにタイトル通り、「涙を搾」りとられましたわ〜〜(;_;)
だって、彼女の叫びは、私にはすごく身近でわかることだったから…

私、上に書いたらんちゃんが、ぼけてしまって、病気になって、
そして亡くなるまでの約2年、よい獣医さんを探したり、
やっと見つけたいい獣医さんにお薬をもらうために、片道1時間の
道のりを、お薬をもらうために通ったり、
らんちゃんの為にできることは頑張ってしたつもりでしたが、

高橋幸宏さんが好きな私は、だから思い出してしまう歌詞がある。
  砂の国の戦争(あらそい)や 汚れた惑星(ほし)を嘆くけど 僕には君さえ救えない…

大学進学もできた。パソコンや英語の資格も頑張って取った。それなりの企業にも勤めた。
だけど、私は世界にたった一匹の大事なわんこすら、救ってあげることができなかった。

彩ちゃんもマリちゃんを助けたい。
だけど、どうすることもできない。
その無念の涙。 それは私も同じだった。年も何も関係ない。やるせなくつらい涙…

と、シリアスになってしまいすみません(>_<)
そうそう、この映画、単なる「犬映画」ではありませんでした。
もう、地震のシーンがものすごくて…。
ものすごい怖さが伝わってきました!! 
ある意味、「日本沈没」より全然リアルで怖かった(;_;)

そして、山古志といえば新潟県、といえば史緒さん。
ご覧になりましたか〜〜exclamation&questionハートたち(複数ハート)
というわけで、携帯はFlash待ち受け、PCはカウントダウン壁紙と時計、
Blogはマリちゃんブログパーツでがちがちに固めたうえ、
マリと子犬グッズを買いまくってきた柴犬ばかこたえでしたあせあせ(飛び散る汗)
来年も柴犬ばかでいくぞーーーexclamation お〜〜〜exclamation×2 (なんの叫び?・笑)




マリと子犬の物語―ポストカード・ブック
マリと子犬の物語―ポストカード・ブック山古志村のマリと三匹の子犬
山古志村のマリと三匹の子犬
posted by こたえ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(1) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こたさん
会員場号18263番kazuponです。^^
いやー同じ理由でこれは観ん!って思ってたんですけどやっぱり
観てしまいました。芝犬はいいですな〜
結末が判っていたので、どんな感動場面になるのかと
思ってたんですが、あの最後のマリの動きにはやられたなぁ。(涙)
Posted by kazupon at 2007年12月18日 19:12
☆kazuponさま☆
おおっ!! 関西支部会員のkazuponさま!!
どうも!!九州支部のこたえです!!
いやーーー、さすがに犬好きはこの映画、
予告ですでにつらいですよね〜〜(T∇T)
特にうちの場合、柴犬飼ってたので辛さ倍増〜〜!
だから行かないつもりだったのに〜〜、見てしまったぁあ、、、
うちのらんちゃんもボール大好きだったので、
ピンクのボールをくわえたマリちゃんが橋から落ちるとこは
思い出してマジ号泣しました。
ラストのマリちゃんのあの動きはすごい!! 演技にゃ見えない!!
まさしくアカデミー助演女優賞ものですよね!!!
Posted by こたえ at 2007年12月18日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マリと子犬の物語
Excerpt: この作品、かなり前から予告は目にしてたんですが、 こりゃダメ、絶対見ない!って思ってました。 そりゃ泣くに決まってますもん。 というか予告観て既に泣いてますもん。 ヘリを見送る芝犬の顔..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-12-18 19:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。