2008年01月17日

若い身空で…&「大人が選ぶ泣ける洋画30」にモノ申す!

いやーーー、だんだん風邪がひどくなりましてたらーっ(汗) 
咳がとまんなくなると死にそうに苦しいふらふら
今日もお昼ごはん中にせき込み始めて、とうとう半分しかごはん食べられなかったよぅもうやだ〜(悲しい顔)
で、そのお昼休みに知ったのですが、ブラッド・レンフロが亡くなりましたね( ̄□ ̄;)!!




25のみそらで!若いなぁ〜(ToT)
こないだ「ジャケット」録画したんで今度見てみようと思っていたのに…
別に取り立ててファンじゃなかったけど、「依頼人」の頃の幼い彼から見ているだけに、
あんな若い子が〜、と思うとショックです。
ブリもそうだけど、やっぱ薬なのかなあ…。もうやだ〜(悲しい顔)


映画がらみで…
先週の「スマステ」の「 大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30 」ご覧になりましたか?
http://www.tv-asahi.co.jp/ss/273/special/top.html
な、何ですかこのチョイスは?(下に貼りますね)
「大人が選ぶ」といいつつ、やったら最近の映画に偏っていないか〜?これ〜〜??むかっ(怒り)
てか上位3位が全く納得できんのだけどちっ(怒った顔)爆弾
そもそも「風と共に去りぬ」とか「ひまわり」とか「チャンプ」とか
不朽の名作クラスが何で入っていないのさ??
(「七人の侍」入れてたけど、あれは邦画だからNGよねごめん直した)
ってことで、この並び、対外的に、文化的レベルの低そうな国民だと思われそうで、嫌だ〜〜(T∇T)
グッド(上向き矢印)言いすぎです、すみません。。。
でもバッド(下向き矢印)の方がよっぽど共感できる!
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1079189.html
特に51と475と601の方!! あなた最高!!

※ ちなみに携帯からで見れない方の為に…
リボン51=チャンプが入ってない時点で糞ランキング確定
リボン475=おい!
小説家を見つけたら がないじゃないか!!!
リボン601=タイタニックは泣けるけど泣けるシーンは
主人公とヒロインが関係ないシーンなんだよな
 >>601
 老夫婦の最期とか
 最期まで演奏してるとこ泣けた。


ちなみに、ベスト30で「こたえも納得」なのは「ショーシャンク」
あれのラストは何回見ても泣ける(T∇T)
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に

「グリーンマイル」は映画館では泣けなかったものの、
その後家で何回となく見てそのたび泣いてる。
グリーンマイル
グリーンマイル
そもそも原作を通勤電車で読んで号泣した(恥ずかしい、、、)
Mr.ジングルスかわいいんだもん(そこかい!)。
そしてコーフィー、いい人だ(涙)
グリーン・マイル〈2〉死刑囚と鼠 (新潮文庫)
グリーン・マイル〈2〉死刑囚と鼠 (新潮文庫)
スティーヴン キング

勿論「シザーハンズ」は泣いたが、「マディソン郡の橋」は正直ひいたぞ(爆)
でもIowaで橋見に行きましたけど(^^ゞ 
今やあの橋は焼失してしまってもうないので、考えたら貴重な体験だったなぁ、、、
と書いてるときりがないのでこのへんで、さんざんこきおろしといてから何なんですが(汗)、
スマステ発表の「大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」はこちら!バッド(下向き矢印)
携帯電話からの方、見づらくてごめんあせあせ(飛び散る汗)

1位「タイタニック」(1997)          16位「ある愛の詩」(1970)
2位「アルマゲドン」(1998)         17位「ローマの休日」(1953)
3位「ゴースト〜ニューヨークの幻」(1990)18位「マディソン郡の橋」(1995)
4位「グリーンマイル」(1999)        19位「スタンド・バイ・ミー」(1987)
5位「ショーシャンクの空に」(1999)    20位「愛と青春の旅立ち」(1982)
6位「アイ・アム・サム」(2001)       21位「アポロ13」(1995)
7位「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998) 22位「レナードの朝」(1990)
8位「E・T」(1982)              23位「きみに読む物語」(2004)
9位「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989) 24位「ロミオとジュリエット」(1968)
10位「シンドラーのリスト」(1993)     25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
11位「フォレスト・ガンプ」(1994)      26位「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)
12位「戦場のピアニスト」(2002)      27位「街の灯」(1931)
13位「A.I.」(2001)              28位「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
14位「シザーハンズ」(1990)        29位「哀愁(1940)」
15位「クレイマー・クレイマー」(1979)   30位「ミリオンダラー・ベイビー」(2005)
posted by こたえ at 01:10| Comment(10) | TrackBack(4) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人が泣ける映画だよね?!。。あの中に書いてあった 所詮ジャニオタが選ぶ云々のコメントには笑ったが ま、人それぞれ泣きどころって違うね〜
私は  

え?
なんで『愛と追憶の日々』がねーーんだよ!!!!!!って 感じです。


アメ人ぽいかな。シャーリーマクレーン ニコルソン、デボラですよ!
あれのデボラウィンガーが病室で最後、子供に喋るシーンとか 毎回見るたびにくるんだよね。もうボロ泣き!

あと トラウマ映画なので とても再放送やっても見れないと思うけど やはり
この間のEyes on ME!!!の様に 英単語で 胸に突き刺さって泣かずにはいられなかったと言う意味で 
プライベートライアン!!!
の『Earn this なんとかって名前忘れたけど』トムハンクスが言うシーン。。
命の尊さを表現する台詞をあんなにコンパクトに纏めたというところも凄いなと。

私もグリーンマイルは原作で号泣して 映像化されて違和感感じていた口なんで 映画では全然泣けなかったんですよ!というか。。汗。。ちょっと電気椅子のシーン 見ていられなかった。。  

面白いピックの記事ありがとう!
Posted by Juellie at 2008年01月17日 02:25
あたしの好きな映画ってのも俗に言われる「女子ども」向き
なんですけど・・・これはビックリした。
もちろん『タイタニック』が上位に来るのは分かるけど
『アルマゲドン』ありえない、絶対ありえない。
ほかにもスピルバーグは最大公約数の涙腺を誘うの
上手いのかな〜と思ったけど、あたし的には
彼の魅力は「残酷さ」なんすよね。映像的にも人間描写にしても。
『グリーンマイル』は原作に感動してて
ちょうど「なんでもかんでもトム・ハンクスかよっ!」って
気分の時だったので、映画は苦手だったんですよ〜。
『ショーシャンク』は、そう考えるとどんな嗜好の人の
心も打ってスゴイっすね〜。
Posted by マリリン at 2008年01月17日 10:03
こんにちは♪
せきが止まらないのは辛いですね。
お大事に。。。

うきゃぁ〜!
ベスト3で爆弾マークが・・・(^o^;
でも、いい作品が抜けているのも事実ですものね。

どういう2000人にアンケートしたかが不明だけど、年代別にすればきっとまた違う結果が出たのかも。

2チャンネルのコメントは、色々な見方があって面白いですね^^
Posted by ぴんくのひつじ♪ at 2008年01月17日 12:21
>大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30

「パールハーバー」が入っていないだけ
良かったと思うべしですよ。
Posted by at 2008年01月17日 17:58
相変わらずお返事遅くてごめんなさい〜〜(;_;)
☆Juellieさま☆
『愛と追憶の日々』か〜!懐かしいですね〜〜!
私そしたら「ステラ」も結構泣けました(T∇T)
英語の授業で「Rose」聞いたんですけど、それだけで泣いたりとか(笑)

「プライベートライアン」の、Juellieさんがおっしゃってるセリフって、
大尉(トム・ハンクス)がいう
"James, earn this, earn it" ですよね!!
(James=マット・デイモン演じるRyan)
これ、深いですよね〜〜!! 字幕では訳すのすごく難しかったと思います
〜。
私もこの台詞でEarnの意味を思い知ったというか。
とにかくあの映画は最初の30分が本当にすさまじくて、そこが非常に印象に残っているのですが、
最後、お墓にRyanが行くところも含めて、この台詞は重いですよね。

私も「グリーンマイル」は、アメリカいる時に本が刊行されるのをしって、
日本に帰ってからすっごい首を長くして待っていて読んだ想い出の本なので、
最初映画館で観た時は、本文で書いたとおり、ぜーんぜん泣けなかったんですよ。
多分私もトム・ハンクスもういい〜!の時期だったってのもあると思うけど、
やっぱ本のあのテンションはすごかったですもんね。
でも時がたち、本の印象が少し薄れたころに見たら、…はまりましたね〜〜。
動くジングルスがかわいすぎる。(そこかい!・笑)
コーフィ役の人もすごい好きでした。助けてあげたかったなあ。
私が神様なら助けてあげたかった。
彼を助けてあげられなかったという罪を背負って、100歳以上まで生きる主人公の
せつなさが映画のラストで際立っていて、
そこは本より実は好きですね。
Posted by こたえ at 2008年01月24日 12:15
相変わらずお返事遅くてごめんなさい〜〜(;_;)
☆マリリンさま☆
この順位、何か、「年に2〜3回、ヒットしてそうな映画を見に行く人」のランキング、
あるいは「中高生デート映画ランキング」って感じですよね?(爆)
「黒澤明」「ジェームス・ディーン」そして「北野武」など、
名だたる映画関係者を特集してきた番組だから、もちっと骨太のチョイスかと思いきや、、、
アンケートに答えた人の年齢層が本当に「オトナ」だったのか気になります。
スピの残酷さといえば、Juellieさんが挙げてらっしゃった「プライベート・ライアン」が、
もうにっちもさっちもどうにも立ち直れないくらい残酷な出だし30分。
私、親から「おまえ、やめとけ、劇場行くな」と止められましたから(笑・でも実話)
「グリーンマイル」は、アメリカいる時に本が刊行されるのをしって、
日本に帰ってからすっごい首を長くして待っていて読んだ想い出の本なので、
最初映画館で観た時は、本文で書いたとおり、ぜーんぜん泣けなかったんですよ。
トム・ハンクス出すぎ!もういい〜!って思ってた時期なのと、
本は本当に電車でぼろぼろ泣きましたからね、あのクオリティを超える映画じゃないなー、って
劇場ではだめでした。
でも時が経ち、記憶が薄れ、私も年を取った頃に見たら、
猛然と泣けてきました(笑)なんなんでしょうね?
「ショーシャンク〜」は見てない人が多いみたいで残念。
すごく素敵な映画なんで、これ読んだ方はぜひレンタルしてほしいです(笑)。
Posted by こたえ at 2008年01月24日 17:05
相変わらずお返事遅くてごめんなさい〜〜(;_;)
☆ぴんくのひつじさま☆
こんにちは〜!最近更新されていないけれど、
体調でも崩されていらっしゃるのかしら?心配しております〜〜。
咳、だめです〜!この記事書いてからもう1週間経つのにまだとれない!!
何かいい薬が欲しい〜〜。
すいません、ベスト3に爆弾つけちゃった(^^ゞ
私の感性は、スマステじゃなく2ちゃんに近い模様です!(笑)
アンケートに答えた方のうちお1人を存じ上げているのですが、
その方でさえこのランキングはちょっと引いてらっしゃったです。
Posted by こたえ at 2008年01月24日 17:09
相変わらずお返事遅くてごめんなさい〜〜(;_;)
☆哲さま☆
同じ題材で記事書いて下さっておられてうれしかったです!!
それに「チャンプ」と「ひまわり」がかぶっていたのもうれしかった〜〜〜!!
TBもありがとうございました。
確かに、パールハーバーが入っていたら、私が六本木のテレ朝に
奇襲攻撃仕掛けるところだったかも?(笑)。

Posted by こたえ at 2008年01月24日 17:13
へぇ。確かに哀愁もアンナ・カレニナもひまわりも無い。
つまり、視聴者の大半またはアンケートに答えた大半が、若い大人ということで。
その年代がこの番組の視聴率ターゲットということかな???
お邪魔しました。
Posted by ブルーハワイ at 2013年08月12日 00:57
☆ブルーハワイさま
2008年の古い記事にコメント頂きまして、どぎまぎしながら
お返事書いてます。見つけて下さり、ありがとうございます。
…私もブルーハワイのかき氷好きです!///(違)

オトナ、というからには、このランキングよりもうちょい上の
年代向けの作品が入ってないとおかしいと思ったんです。
「スマステ」のランキングだからあまり期待しちゃいけなかったのかなあ、と
今なら思えるんですけど、久々に読み直して、当時のHiテンションに我ながら感心(^^ゞ)

「哀愁」もいいですよね!
Posted by こたえ at 2013年08月13日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブラッド・レンフロの死■子役たちはどこへ行った?
Excerpt: 子役は、その初期の出演作が鮮烈であればあるほど、その後の進路が難しいようだ。ブラッド・レンフロが25歳という若さで亡くなった。デビュー作「依頼人」ではスーザン・サランドンとトミー・リー・ジョーンズと共..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2008-01-17 07:52

大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30
Excerpt: 途中から見たが、TVで「大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30」のランキングをやっていた。さすがに選び抜かれた作品だけあって、ショートカットした見所のシーンだけでも思い出してウルウルしてしまった。一位だった「..
Weblog: ぴんくのひつじの徒然日記
Tracked: 2008-01-17 12:33

ブラッド・レンフロ・フォーエバー
Excerpt: 俳優のブラッド・レンフロが1月15日に25歳の若さで、亡くなった。オーディションで、5000人の中から選ばれ『依頼人』で映画デビューするとその演技力と年上キラーのルックスでいきなり、多くの女性を虜にし..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-01-17 23:12

「タイタニック」と「アルマゲドン」は、そんなに泣ける映画か?!
Excerpt: 人の感性は人それぞれで、だから映画でも100人いれば、100の名画があると言われている。そのことは充分に判っており、事実、私の周辺にも、そのようなケースは多く、私自身も一般にはB級かC級と言われる作品..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2008-01-20 00:23