2008年05月12日

棺おけリスト

・・・という名前の映画を見てきました。
凄い名前!と思われたかと思いますが
これのオリジナルは "The bucket list" =直訳すると「バケツリスト」。

Bucket_list_poster.jpg

といってもこのバケツは普通のバケツ(?)ではなく、
英語で"Kick the bucket" → 
首吊りをするときにバケツを蹴っ飛ばすから→
 (あ、でも諸説あり確定ではない、と私の英語の先生が言っていました) 
で、「死ぬ」というイディオムがあるんだけど、その「バケツ」のことなんですよね。
だから意訳すると「棺おけリスト」。
ちなみに「棺おけリスト」とは、棺おけに入る前にやっておきたい事を記したリストのこと。
このリストが映画の核になるから、
出演しているジャック・ニコルソンが邦題にケチ付けたの、分かる気がするわ〜。
原題の意を汲んで、せめて「リスト」って入れて欲しかった。
第一覚えにくいんだもん、似たようなのがありすぎて。
という邦題は「最高の人生の見つけ方」です。


主演がジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。
皆さんもうお分かりでしょうが、この二人の演技はいうことなし。完璧です。
「世界一の美女とキスをする」なんて無理だろ?と突っ込まれたニコルソンの
返しの一言 "Volume."
あの頭にすっごいアクセント置いた発音、もう最高〜〜〜!
あの一言をあんな風に言える役者はなかなかいません!
(日本語では「数をこなす」って訳がついてたと思います。
 思わず英語台詞聞き込んじゃうくらい、この映画台詞がよかったわ〜ぴかぴか(新しい)


それと印象深いのが「ふたりは友達?ウィル&グレイス」に出ていた
(うわーー書いてて懐かしくなってきた!)
ショーン・ヘイズ演じるEdwardの秘書Matthew。
とある理由で名前もまともに読んでもらえないのに、わがままなEdwardに尽くしている。
・・・ようでいてなかなかちゃっかりしている。
・・・と思いきや、秘書として人間として非常に素敵、という
かなり難しいキャラクターを、実にしなやかに軽やかに演じていてよかったです。

ラストシーンでは、会場にすすり泣きの声が響いていました。
その泣きたい気持ちも分かるんだけど、
私としては、ラストにかかるJohn Mayerの"Say"という素晴らしい曲を聴きながら、
すごく爽やかに映画館を出れたんだよね〜。
なんか穏やかな5月の風が吹いたような。 そんな気分にさせてくれる映画でした。
はっきり言って、今年のMyベスト候補。 とても好きな部類の映画です。
今年のGWの映画のラインナップは、私的には「大はずれ」だったのですが、
その中でこれと「相棒」があったのは唯一(唯二?)の救いでした。
「この時期、見るものないなー」と思っている方に是非オススメしたいです。


ところで、
私も何回か「もう死ぬかも」と思ったことがあったけど
「棺おけリスト」は作ったことなかったわ!
(パソコンのプロバイダーと携帯の解約法は、きっとうちの親には分からないから
 書き残しておかなくちゃというくらい)
もしそんなリストを作るとしたら、あなたは何をリストアップしますか?
私はどちらかといえばPessimistなので、
作ったらカーターチックな真面目で暗めなリストになりそうだけど
できればエドワードみたいな前向きリストを作れるオトナになりたいです!

The Bucket List
The Bucket List
Marc Shaiman


"Say" John Mayer - Lyrics

Take all of your wasted honor
Every little past frustration
Take all of your so-called problems
Better put them in quotations

Say what you need to say (8x)

Walking like a one man army
Fighting with the shadows in your head
Living out the same old moment
Knowing you’d be better off instead
If you could only

Say what you need to say (8x)

Have no fear for giving in
Have no fear for giving over
You better know that in the end
It’s better to say too much
Than never to say what you need to say again

Even if your hands are shaking
And your faith is broken
Even as the eyes are closing
Do it with a heart wide open

Say what you need to say...
posted by こたえ at 23:36| Comment(7) | TrackBack(2) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振り〜こたえさん♪
私もこれ今日観て来たところなんです〜☆ 
ラストはポロリと涙しちゃいました! メソメソじゃなくて、こんな友達いいな〜と。。
【世界一の美女】にはやられましたね〜誰もが認めちゃうよね(o^^o)ふふっ♪
私は【幸せな奥様ね】の返し☆私が【幸せな夫】なんだ☆が残ってますね〜これ自然に出てくるような夫婦でありたいな〜ってね☆
金持ちじゃないと出来ないぞ〜と突っ込みつつ、人間ひとりじゃ出来ない事がいっぱいあるんだよな〜と納得してました。

私もあんな秘書ほしい〜ってのは無理ですが、やっぱ【英語】出来るのっていいな〜とつくづく思いました!
最後に私も棺おけリストこれから真剣に考えようと思います・・・カーター系になりそうだから、エドワード系の友達探さなきゃね(^.^)b☆
Posted by tom☆ at 2008年05月14日 01:43
私もパラレルに Changeの感想あげときました。

それと きみぺの画像はVeohなんかで見れますよ。あれ確か 最終話でした。ほんの5秒位?でも ちょっとカッコ良過ぎな薫ちゃんに瞳孔開きますね。

それから Say今、かけています。
ジョンメイヤーの歌ってるとこ まじまじ見たの今日が初めてかもしれない。。声が意外とイメージと違ったなぁ。それともっとロックな人かなと思ってました。ジョン君は今、ジェニファーアニストンといい感じらしいですね。 ホンとジェニファーって
むかつく〜〜(爆)

ドラマは今
ROOKIES一押しで嵌ってま〜〜す。4話なんて2回見た2回!!

さて、棺おけリストの件、私も勉強になりましたです。映画のタイトルはインパクトが大事だから 邦訳の難しさてわかる気がするけど。。。 
Posted by Juellie at 2008年05月14日 03:03
ttp://www.youtube.com/watch?v=SyVox6FJotM

上の1分20秒位のトコで見れますよ〜
ちなみに冒頭 ももの変なバランスの裸が出てくるんで よろしくぅ〜(爆)あ、10秒は出てましたわ。それも 当時の流行語迄言ってます!

↓最近、山口お父さんのReply? 熱唱画像見ました。
Posted by Juellie at 2008年05月14日 03:36
☆tom☆彡さま
こちらこそお久しぶりです〜!お怪我治ってよかった〜〜!!
あの「世界一の美女」は、美人には厳しい私も(笑)
もろ手をあげて降参ですわ〜〜。確かに彼女は間違いなく世界一!

>【幸せな奥様ね】の返し☆私が【幸せな夫】なんだ☆が残ってますね〜

そうそう!!カーターの台詞ですよね。カーター夫妻は
本当にうらやましいほどお互いを大事に思っている
素敵なご夫婦で…結婚してない私にとっては真に理想のお二人でした!
私もエドワード系の豪放磊落な友人連れてきてから
リスト書き始めなくちゃ!(笑)
Posted by こたえ at 2008年05月15日 22:54
☆Juellieさま☆
CHANGEの感想、やっぱりそうですよね〜!と溜飲下がりましたわ〜。
Madonnaさまのあの歌、車で聴きたいっ!!(爆)

キミペありがとうございます!! よかったあ、Veoh重くって
うちのPCの接続環境で見るとストップモーションなんで
ようつべ教えていただいて本当にうれしくって、早速見てきましたわっ!
まずモモちゃんのヌードでぶはーーーー!!
キスがやらしくないですか?!(どこ見てんだ・笑)
そのあとカメオ寺脇さんが〜〜〜!慣れてないから吹いた!(馬鹿!)
だーーーー薫ちゃんがコスプレしてるーーー!!!みたいな(笑)。
頭が完全に「相棒」細胞に侵されているので(笑)、
どうみても薫ちゃんがコスプレしてるようにしか見えねー!(爆)
でも何回か見たら(てかまたDLしたっすよ!)、
やっぱ寺脇さん足なげーーー&バランスいい〜〜!スタイルいい〜〜!!
スタイリストさんが衣装選ぶのに足の長さに合うものが
なかなかなくて大変と言っていた意味を
あの数秒でかみしめましたわ〜〜。
ああああ、あんなパイロットいたら、そーりゃー沙里奈ちゃん押しのけて
こたえも駆けつけますぜ旦那!(爆)

The bucket listはアメリカではもうすぐ
DVD出るみたいなのでよろしければ是非♪
Say聞いていただけたんですね!
そうそうようつべのURL貼ろうかどうしようか
迷ってやめたんですけど(その代わり歌詞貼ったんで)、
割とポップなのもあるんですよ。
グラミーのDaughtersは地味〜な曲ですが、
デビュー当時なんかもろポップでしたからねえ。ギターもうまいしなあ。
CSI:7の1回目にカメオで出て歌っててそれも素敵だった〜。
あー、ほんとにジェニファーむかつきます(笑)
そしてReplyも聞いていただけて〜!
こないだのライブでもやってくれたんですよ。
本人、盲腸の手術あけだったのを隠してステージやってたそうで
考えてみたら確かにいつもほどライブで動いてなかったんですが
でもリプライはきれいに歌ってくれてうれしかったです♪
ああ何かライブまた思い出しちゃったわ〜。早く次行きて〜。
Posted by こたえ at 2008年05月15日 23:19
こたえさん

volume!
ですね。自分も人生の訓にしよう!ってウソですが
(笑)
でもそういうジャックのやりたい放題性格が晩年
はたして幸せなもんだったのか?っていうのを
モーガン爺との対比で見せる面白さがあると
思いました。たぶんジャックに感情移入する人って
そうはいない作りですし^^
リスト、作るならエドワードがいいのには同感です
・・そう思う前にやりたいことはやっておこうっと;;
Posted by kazupon at 2008年05月25日 11:50
☆kazuponさま☆

こんにちは〜! 
私もしばらく映画から足洗ってました〜。Kazuponさんもそうだったのですね。
ボリューム! あれ最高ですよね!!
てか、私はジャック・ニコルソン(あの映画ではEdward)、全然OKです!
いつでもチューに来て!って感じで(笑)
だって"Volume."に貢献したくなるかわいさがありますもん(* ̄m ̄)
・・・まあでも私は「世界一の美女」候補にも入れないし、
やっぱり自分は負け犬で負け組だと思ってるんだけど・・・(苦笑)
Kazuponさんのおっしゃるように、
・お金持ちだけど家族がいなくなってひとりぼっちのEdward 
・お金はなくとも子供達とも奥さんとも仲良く、暖かい食卓を囲めるMorgan
という対比が鮮やかでしたね。 プラス、あのクイズのエピソードで
その対比にさらに深みが現れたと思います。
そのへんをさらっと描ける。 さすがロブ・ライナーだなって思いました。
↑には"Say"の歌詞貼りましたが、ニコ動やYoutubeではプロモビデオが
見れます! 「ああ、この歌そういや帰りがけにかかってた」という
曲だと思いますので、もしよろしければ是非動画サイトで♪
というのもサントラにはこの曲入ってないから(号泣)

www.youtube.com/watch?v=YZ0z86LmXBM
www.nicovideo.jp/watch/sm2099095
Posted by こたえ at 2008年05月26日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「最高の人生の見つけ方」 あなたは二つの質問にイエスと答えられますか?
Excerpt: とってもとっても久しぶりに試写会に当たりました。 1年半振りくらい・・・? こち
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-05-13 21:19

最高の人生の見つけ方
Excerpt: ワンダフルライフなブログですんで、おっ!と気になる タイトルの作品でしたが、「スタンド・バイ・ミー」の ロブ・ライナー監督、ベッタベタのお涙頂戴になってしまう 可能性もある題材を結構サラ..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2008-05-25 11:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。