2008年05月28日

It's not my taste. 「潜水服は蝶の夢を見る」

タイトルだけなら、こないだの「君のためなら千回でも」に匹敵する
クオリティーの高さなんですがねーー。うーーーん。ふらふら

潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】

先に見に行った友人達から、あまり芳しい評価を聞かなかったので
一抹の不安を抱きながら見に行ったのですが、・・・納得。
男性には評価割とよいようですが、
少なくとも女性の片隅に籍を置く、こたえにはまるでダメ。
もうなんかとにかくダメだった。。。。
だからタイトルに"It's not my taste."ってつけたんだけど。
で、その「私はとにかくダメ」の理由を、他人に言葉できちんと説明するのって
火の星座の女・かつ感情動物ABのこたえには、とても難しいことなのよ。
・・・と思いながらもチャレンジしてみる。

潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る
ジャン=ドミニック ボービー

続きは下をクリックしてね(長くなったので追記に分けました)
まず、この映画と同様に全身麻痺の男性を主人公にした
映画「海を飛ぶ夢」(主演は今年オスカーを獲ったハビエル・バルデム!)と
全く違い、感情移入できないこと。 (理由は後半で)
私にとって「海を〜」は年間マイベスト1に選ぶくらい入れ込んでいた映画なので、
それを超えろというのはそもそも望みすぎなんだけど、
少なくともそれに比肩するくらいのクオリティを望んでいたので、
見た時のがっかり度合いが大きかった。

それと主人公。
境遇には本当に同情いたします。
今まで多弁だった人が、まぶたしか動かないってのは
本当に想像を絶する苦痛。 精神病んでもおかしくない状況。
それでもなお自分の気持ちを本に綴ろうとする、
その意欲たるやすさまじいと感服するし、
生き馬の目を抜く業界で生きてきた男だからこその偉業だと思う。
そこは、いいのよ。
そこは、素直に認める。
・・・・でもね。

「・・・こういう状況になったのは、
貴方のその態度に対する神の報いなのでは・・・」

と思える、ぶっとび行動が、映画のラスト前に描かれていて。
いや、それまでも浮気してただの、
他に女がいるのってのは分かってましたけどね、
だから「なーーーんか好きになれないわこの男」と思いながら
映画観ていたのも事実ですけどね。
にしても、そりゃないだろ君〜、君には誠意とか感謝という気持ちがないのかね〜??
人は、理解を超えたものは、認めるか突き放すかだと思いますが、
こんな男心、理解できねーーーーがく〜(落胆した顔)。てか、鬼ですか?あなた。
これじゃー感情移入できねーーーーちっ(怒った顔)
恋愛大国おフランスの方には許せるのかもしれませんが、
礼を重んじるジャパニーズで、了見の狭くて、
かつ病人相手にここまで怒れるこたえには到底許せませーん。ごめんなさーい。

そこまで来るとヘンなところばかりが目につくのが私の悪い癖(汗)。
                        ↑ 杉下右京風に発音下さい
画面終わりで音楽がぶちっ!と切れるのも、生理的に嫌〜。
微妙に手ぶれするから、気持ち悪くなるしさーーー。
最後に氷河が崩れるのも、はいはいはーいって感じだし(つまりは意味が分かってない)、
療法士が美女ばっかりってのも納得いかーーん!!むかっ(怒り)

主演の熱演は認めるけど、これじゃーオスカーとれねーよなーー。
と、妙に納得したこたえでした。
「左目カメラ」は斬新だったし、それを期待して見に行ったんだけど
カメラワークだけでは、この気持ちのイライラは補えないわ〜〜。

というわけで、「君のためなら〜」のとこで書いた
「2本見たうちのハズレの1本」
がこれです。 
劇場で気持ち悪くなって、隣の席につっぷしてしまったし、
ああ本当に劇場で観るんじゃなかった・・・。

※ ちなみに、こたえ素人(?)の方へ・・・
こうやって感想をUpしているのは、嫌いな中でもまだマシなほうです。
本気で嫌いだったやつは、感想すらUpしません(笑)
そして密かに年度末のワーストに入れます。 ←怖い

posted by こたえ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「潜水服は蝶の夢を見る」 静かなる闘い
Excerpt: この映画は難病を題材にしている映画ですが、最近の日本の映画の難病もののように泣け
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-08-10 07:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。