2008年05月31日

もしも願いひとつだけ かなうなら 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」

前に「アメトーーク」の時に書いたエヴァ、その新劇場版
(リメイクじゃなくてRebuild)の第一弾・序を見ました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版

ayanami_rei.jpg (すみくん、私のお願い聞いてくれてありがとねーー)
と思ったら、お友達のなんちゃんもつい数日前に見て感想書いてるという。
シンクロしてる?(笑)
結論からいうと、テレビ版よりやはり数段洗練されて完成度もあがっており、
またストーリーも分かりやすいので、「ちょっと観てみようかなー」という
初心者の方にはこちらをオススメするなあ。
玄人の方(爆)は既にゲーム版もパチンコもやってるだろうし、私よりレベル上だから何も言わないけど(笑)。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版

というわけで、観終わって数時間、まだよくまとまらないので箇条書きで感想を。

ひらめき本論
・やっぱりヤシマ作戦すげーよ! あの時の使徒のテレビ版からの進化ぶりが半端ない。
・に関連して、いやーーーー、、、、絵がすげぇ!!!(爆・おい、なんつー貧弱な感想だよ・笑))
シンジくんが男前になっている、レイの微笑がかわいすぎる、使徒の足だの本体だのが
透ける動くキモイそれー、などキャラ・生物もさることながら、
なんなんですかーあの兵器とかビル群とかの異常なクオリティの高さは〜〜!
特にDVD特装版にある、ラベルのボレロに乗っけてビルがにょきにょき・・・のPVは
建物フェチ・こたえも大満足の出来で泣きたくなる(おい)。

・テレビ版に比べて、心情の流れが一般人にも汲みやすい(分かりやすい)。
 テレビ版の時感じてた「心情描写が突飛過ぎる」という矛盾がきれいに解消されたイメージ。
 テレビ版の超〜〜及び腰のシンジくんも、思春期の精神状態としては
 それはそれでアリだと思うし、てか、あれ監督の心情でしょ多分。
 だからある意味テレビ版のシンジくんはいとおしいんだけど、 
 やっぱりちょっととっちらかった印象が残る。
 でも、新劇場版では、心情描写が順を追って滑らかになっていてはるかに観やすい。
 これだけでもRebuildを作った価値はある。

ひらめき蛇足
・加持さんまだなのね(:_;)(そういやアスカと一緒に出るのが初出だったっけ)。
・リツコさんが更に怖い人になってる〜。リツコファンには厳しい出だしである。
 (例:パイロットよりも機体を優先するとか平気だし)
 でもこのトシまで来ると、リツコさんの抱える女としての矛盾が分かってくるので、
 彼女の人間くさいところまで考えて見るとかなり興味深いキャラである。
 これだけ私が理解できるということは・・・AB型なのかな?彼女。
 ・・・でも友達になるならミサトさんが断然いい!(爆)
・キール・ローレンツの声がCSI:LVでこたえが好きなキャラ・ブラス警部の声で
 「ああ、あんなにいい人なブラス警部がこんな悪だくみを・・・」と思えて心穏やかでない
・「破」の予告で出るメガネっこさんはゲーム版のYMさん??
・特装版でシーン解説テロップ入り本編を見たら、鹿児島はあったけど、長崎がなかったのが妙に悔しい。
 庵野さん、「破」では是非長崎も出して〜〜!(爆)


ひらめき結論
 次作はぜぇーーーーーーーーったい劇場で観たい!
 てか、序と破の連続上映とか都市部ではありそうじゃない? 長崎では多分ないだろうけどさ(涙)。 
 だって九州一円でやってくれた「相棒」の舞台挨拶も来なかったもーん・・・えーんえーん・・・。
 いいなあぁ、やっぱでかいスクリーンでみときゃよかった・・・。 ←やはりなんちゃんとシンクロしとるわ(笑)

で、タイトルに書いたのはその主題歌
宇多田ヒカル"Beautiful World" の一節です。
HEART STATION
HEART STATION
宇多田ヒカル

宇多田は「エヴァ」ファンと公言したことから、劇場版の主題歌依頼が来たそうですが、
そのオファーが来てこの曲を作った際、
「メロディやアレンジなどで言いたいことは言い切ってしまった」と
コメントしていたけど、

もしも願いひとつだけ かなうなら 君のそばで眠らせて

いやーーーー、、、、、エンディングにこの主題歌が流れ、
出だしのこの歌詞を聞いたとき、
本編ラス前のヤシマ作戦の終わりのシーンとのリンクを感じて、
思わず「ウタダ、天才っ!!!」と思ってしまいました。
(いや、私が言わなくても天才だとみんな思ってるんだろうけどさ)

聞く人=「ぼく(私)」が思う「君」はそれぞれ違うんだろうけど、
君を安心させる為にぼくは君のそばで眠る、そして君のそばで眠ると
ぼくは安心する、そういう二つの相反する気持ちが
ヤシマ作戦終わりのシンジとレイ、そしてこの曲には感じられるから。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック
posted by こたえ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(1) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」 解釈する楽しみ
Excerpt: 12年前の「エヴァンゲリオン」はしばらく見ていなかったアニメーションに僕の目を向
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-08-10 07:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。