2014年07月16日

原作リスペクトの姿勢が素晴らしい!「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

日本のラノベ原作。翻訳されたのをトム・クルーズが読んでハリウッド映画化決定なんて
考えうる最高のドリームズ・カム・トゥルーじゃないでしょうか。
それが英語圏でのタイトルは『Edge of Tomorrow』、邦題は小説のタイトルと同じ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) -
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) -

映画化発表されたあと原作読みました。作者さんのインタビューも読みました。
そしたら「これは何としても見たい」と思うようになって、
調べたら上映時間も2時間以内だし、ギリギリ体力もつだろうと思って
頑張って映画館行きました。
(体調悪くて、ずっと検査だなんだかんだとやってて、
どうやら癌だの難病指定の病気だのではないことは判明したのですが、
それでも往復2時間半かけて映画館に行って、その上劇場で2時間以上座っていられる自信がなく…)

結果。
頑張って行った甲斐がありました。すっごくよかったです!!!!!!

すべての原作ある作品は、この映画の態度をお手本にすべき。
願わくば私の愛する「進撃の巨人」の実写化も、この路線でやってほしい…んだけどどうなんかな…不安不安不安もうやだ〜(悲しい顔)

全部が全部本の通りじゃない。でも、原作をリスペクトして作っているのが、すごくよくわかる。
原作読んでいる人に伝わるやり方で、でも本筋を損ねないやり方で。
例えばトムの役名はウィリアム・ケイジ(William Cage)ですが、
原作ではキリヤ・ケイジ。 苗字と名前の違いはあれど、ちゃんとケイジ合わせてきてる!
ほかのエピソードについても、原作読んでる人なら、思わずニヤッとしてしまう箇所がいくつも。
監督さんはじめ製作側、主役のトムが原作を尊重してくれたのがわかる、
愛のある改変、なんですよね。

原作読んだときは、タイトルを見事に回収するその結末に泣いてしまって。
まさか泣ける類の本だと思わなかったので、自分で自分に戸惑いましたが、
映画の方は映画らしい終わり方で。
私は、クライマックスの展開含め「ハリウッドらしいなあ」と思ったのですが、
原作者さんは「ハリウッドらしくない感じで、それがよかった」旨おっしゃっていました。
え?どっちかほんとなの?と気になった方は是非ご覧ください。 損しません!

ちなみに私は体調の関係で3Dが耐えられそうもなかったので2Dで見ましたが、
見るなら3D吹き替え版がいいと思います。
何故って、もちろん戦闘シーンの臨場感のこともありますが、
一番の原因は、字幕版の翻訳が戸田なっちゃんであること!
映画のラストで彼女の名前がバーンと画面に出た途端、
私の斜め後ろに座っていた20代くらいの女の子が
「えええーーっ!マジで!ショックぅ!」
と落胆の声をあげていて、思わず握手に行こうかと思ってしまいました(笑)。
お嬢さん、気持ちはわかるけどね、しょうがないのよ、
あのおばさん、トムの映画だと、絶対入り込んできてるからさ、、、
※戸田なっちゃんの数々の所業について詳しくはこちら

極力ネタバレしないように書きましたが、
多少のネタバレバッチ来い!の方ならTBSラジオ宇多丸さんのこちらをどうぞ!
5億点!
ムービーウォッチメン 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
posted by こたえ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

「ゼロの定理」First Official Clip

テリー・ギリアムの新作の最初の予告編映像が来てました!

■情報 テリー・ギリアム監督 新作SF『Zero Theorem:ゼロの定理』予告篇と本篇映像

色があふれてます!
でも、どっちかというと予告編よりポスターの方が私の好み(汗
あのテリー・ギリアムと、あの「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ヴァルツが主演
てだけで、期待度↑↑↑なこの作品、注目です!


posted by こたえ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

そして父になる

130924_1235~01.jpg
「そして父になる」見て来た!「ばぁん」にハート撃ち抜かれなかった福山ファンには私が3時間説教してやるからそこに正座しなさい!またあとで感想アップしますハート
posted by こたえ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

Star Trek / Into Darkness

130817_2153~01.jpg

23日公開の映画(かちんこ)「スタートレック イントゥ・ダークネス」、お盆限定先行公開を3D吹き替えで観てきました。

映画は、あまりスタートレックに詳しくなくても楽しめる作りで面白かったきらきら
同じSFジャンルの「パシフィック・リム」も見たけど、私はこっちが好きかな(*^^*)

…が!しかし!!

今回の敵役の…カンバーバッチ様……

悪役なのに…

かっこよすぎて……

……

憎めねぇ………「!!」ショッキング


乱れ前髪にロングコートって、あなたパリコレモデルですか(>_<)


いや、逆に吹き替え版で良かったかも「!!」あせあせ(飛び散る汗)
英語で

"Shall we begin?"

とか聞いちゃったら私、映画館で鼻血吹いたかもしんないてれてれ←バカ

映画のキャッチフレーズは
「人類最大の弱点は、愛だ。」
ですが、それがどこを指してたのか分かんないくらい(爆)
敵役の格好良さにやられてしまい、映画の内容どころではなかった(爆)
…もとい、まともな映画感想が書けそうもないので、お茶を濁して監督の話を。


最近、ニュースと「進撃の巨人」以外のテレビほとんど見てない私。

(とあるキッカケがあって見るの止めてしまった。「しゃべくり」とか「ほこたて」とか今まで見てたもの全く見てない。あまちゃんもやや遅れ気味)

ただニュースだけは見てるので、NHKの"news web"(平日夜11:30〜)に、この映画の監督のJJエイブラムスが出て、
日本好きで、まだ売れる前のAKB劇場に行った話や、

スタートレックとスターウォーズの話などビックリするほど豪華な話の内容で、

本当は見ながら番組にTweetするつもりだったのに、見とれてしまって何にもできずに終わってしまった泣き笑い

見ながらツイートできる人尊敬するわあせあせ(飛び散る汗)


でも見れてホントにラッキーな30分でしたきらきら


※@NEWS WEBはハッシュタグをつけてツイートするとその発言が番組画面に出て、
キャスターに読んでもらったり、ゲストに質問してもらったり出来る仕組みの視聴者参加型ニュース番組


※A JJエイブラムスは、ドラマでは「LOST」、「エイリアス」、
映画では「M:i:III」の監督やら製作総指揮やら脚本やら作曲やらやってるマルチな人。
スタートレックに続き、新スターウォーズシリーズの監督に決まったことが先日発表されたばかり。
posted by こたえ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

「私のために殺して」 ゼロ・ダーク・サーティ

PC引っ張り出す(ノートなんです)時間もなく、自動車保険の更新するのに久々に立ち上げてみたら、
おわっ!いつも使ってたサイトがGoogle様から攻撃サイトに認証されとるやないかい!
赤でベカベカしたページに「危ないっす!」みたいなことが描かれてるのを見て思い出しました、
そういえばもっと危ない国で危ない作戦をしてる人の映画を見たじゃないか!と。

「ゼロ・ダーク・サーティ」
ゼロ・ダーク・サーティ(監督:キャスリン・ビグロー 主演:ジェシカ・チャステイン、 ジェイソン・クラーク) [DVD]
9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。そんな中、CIAのパキスタン支局に若く優秀な女性分析官のマヤが派遣される。マヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが……。


「私のために殺して」
UBL=オサマ・ビン・ラディン殲滅作戦に赴く海兵隊に
主人公の女性分析官・マヤがいう台詞が非常に印象的でした。
言葉上は「私の代わりに殺して」ともとれると思うのですが、
ネタバレになるので書けない様々な出来事を経て、執念でUBLを追ったマヤの
血反吐を吐くような言葉なんだからこの訳しかないのかも。
訳者すごいな、と思いました。


(以下ネタバレ)続きを読む
posted by こたえ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする