2015年02月10日

ヤシャスィーン(突撃開始)!

1423567447833.jpg今から読むぜー きらきら
職場の人から「るろ剣」も借りてるんだけど、ナルサス様が表紙なんで仕方ない。
posted by こたえ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

心に残るマンガの台詞

しばらく、というかずいぶん長い間更新を怠っていたら、
Amazonからギフトが送られてきてビックリ。
ここに貼っている画像を、読んで下さった皆様が
クリックして下さったことにより、
アフィリエイト収入があったからなんですね!
うわー。本人サボっているのに!
ありがとうございます。m(__)m

ということで心を入れ替えて、頑張って更新をしたいと思います。
というか、詳しい方がいたら是非教えて欲しいのですが、
ガラケーから更新できるBlogで、ニュースの記事を
引用したりしやすいのってどこなんでしょう?
このSeesaaは、パソコンからはニュース引っ張れるんですが
ガラケーからだと無理なんですよね(>_<)
そこが不便で、ついついサボってしまっております。
一応、はてブに登録してるのでアカウントがある
はてなあたりがいいのかな?と思っていますが、
何かよいところがあったら教えて下さい。

で、今日は漫画の話し(^_^;
前の職場では「ガラカメ」「プライド」など女子漫画ばかり回ってきたのに、
今の職場は「進撃の巨人」とか「銀の匙」とか少年漫画ばかり!
職場変われば好みも変わる、って感じなのですが・・・


漫画のセリフで心に残っているものは?「スラムダンク」「宇宙兄弟」「北斗の拳」


恋愛の参考になった!? 忘れられない少女マンガの名言


これは…考えるのに1〜2日欲しい…けど…
今パッと思いついたのは…
中学の時初めて読んで以来、ずっと覚えてる、これかな。↓

「強くなりたいと思うよ 誰も傷つけずにすむくらい 強くなりたい」

本当に強い人は、誰も傷つけない人なんだなぁ、って。
とっくに主人公の年を追い越して大人になって…
それでも未だに実行できないけど、それだからこそ心に残る台詞になっています。
ググれば何のマンガか分かると思うけど、
認知度低そうだから、敢えてここにはタイトル書かない(;^_^A
…でも表紙は貼っとこうかな(笑)。
うおおお!!愛蔵版出たんだ?! そうそう!!この表紙よこの表紙!! 
ヤバイ!!買っちゃおうかなあああああハートたち(複数ハート)
愛蔵版 CIPHER 1 (花とゆめCOMICS) [コミック] / 成田美名子 (著); 白泉社 (刊)愛蔵版 CIPHER 2 (花とゆめCOMICSスペシャル) [コミック] / 成田美名子 (著); 白泉社 (刊)

最近では、
「生きるための逃げは有りです。有り有りです。逃げた事を卑下しないで それをプラスに変えてこそ、逃げた甲斐がある というものです。」@銀の匙
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス) [コミック] / 荒川 弘 (著); 小学館 (刊)

「お前が母さんを助けられなかったのは、お前に力がなかったからだ…
 オレが…! 巨人に立ち向かわなかったのは… オレに勇気がなかったからだ…」

「俺が…選択を間違えたから…
 俺が仲間を信じたいと思ったから、皆死んだ…
 俺が最初から自分を信じて戦っていれば…
 最初からこいつをぶっ殺しておけば!!」

「これが俺たちの選んだ仕事だ!力を貸せ!!」

「人は戦うのをやめた時初めて敗北する
 戦っている限りは負けてない
 さあ…戦うぞ」
 最後のはちょっと草薙少佐っぽいけどもあせあせ(飛び散る汗)
 4つとも@進撃の巨人

進撃の巨人OUTSIDE攻 (KCデラックス) [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)
進撃の巨人(11) (講談社コミックス) [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)
DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)DVD付き 進撃の巨人(12)限定版 [コミック] / 諫山 創 (著); 講談社 (刊)
posted by こたえ at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

最果てアーケード

最果てアーケード [単行本] / 小川 洋子 (著); 講談社 (刊)

小川洋子さんの作品は、いつもひんやりと、ひっそりと、静かな佇まいがあって
上質で上品で・・・って私と対極じゃないか(泣)
とにかく、世界の片隅で息を潜めてるようなものたちを書ききる
透き通るような作品世界や、きりりとしながらも温かい文体がとても好きです。

新作「ことり」が出たので、その前にこれを読破せねばと思い
図書館で借りました。

普段は速読でならす私
(「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」を1日半で読み切る速度、
といったら分かっていただけるのだろうか)

しかし、この作品については無理だった。
1話目の「衣装屋さん」
洋裁が大好きで、いつも糸と布に囲まれて暮らしていた
うちの母さんのようだな・・・と思ったら
ぐっと来てしまって、
そこから読み進めるのに数日、間を開けなくてはなりませんでした。

読み進めるうちに、もやもやと浮かんでくる「違和感」
それが徐々にはっきりする最終話1〜2話手前あたりから
最終話に向けては、さすがに速度を上げざるをえなかったけれど。

それにしても最終話、切なくて・・・。 あと、犬が出てくるのも。
(うちの犬も13歳、今、治らない病を得て温存治療中なので)

読み始めてから奥付を見て知ったのですが、
もともとはBE・LOVE連載のマンガの原作として書かれたものだそうです。

最終話、マンガではどう描かれているのか、気になるなあ。

最果てアーケード(1) [ 有永イネ ]
posted by こたえ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

韓紅

↑ からくれない、ってこう書くのね〜
とQさま漢検企画で学びました!(唐紅の方しか知らなかったので)

というわけでちはやふる最新刊、ついに新&太一表紙きたーーーー!!!

ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)

  • 作者: 末次 由紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/09/13
  • メディア: コミック




初版にはスケジュールシールもついているそうで、
楽天では既に予約締め切り!
Amazon大丈夫かな?うちの方いなかだから入荷遅いので
こういう欲しい本はネット書店頼り切り。
Amazonシールつけてね!頼みます!!
posted by こたえ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

「ちはやふる」の次に狙うは…

「ちはやふる」が(私の中で)ひと段落ついたし、秋の「リアル」発売にはまだ早いので、
次にもし何かマンガを読むとしたら、ニノがやる「大奥」は読んでたし、
じゃあニノと松ケンがやるGANTZかな〜、と思ってたんだけど、

惹き文句が
「AKIRA以来の衝撃!!ベルセルク以来の絶望!!!」
というマンガの存在を知り…。
(といっても私「ベルセルク」読んだことないから、それがどのくらい絶望してるのか分からない)

Tポイント2倍なので近所のTSUTAYAに買いに行ったらなかった…
やっぱネットで買うしかないのか、「進撃の巨人」(;_;)

グロいというので悩んではいるんですが…。
もし読んだことあるかたいらしたら感想教えて下さいm(__)m
posted by こたえ at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする